設定ジョブで SCP (put) コマンドを使用する

設定ジョブで SCP (put) コマンドを使用する

Citrix ADM の構成ジョブ機能を使用して、構成ジョブの作成、電子メール通知の送信、作成されたジョブの実行ログの確認を行うことができます。ジョブとは、管理対象インスタンスに対して作成および実行できる構成コマンドのセットです。たとえば、デバイスのアップグレードのために構成ジョブを使用できます。

Citrix ADM の構成ジョブでは、Secure Shell(SSH)コマンドを使用してインスタンスを構成し、Secure Copy(SCP)を使用してファイルを安全に転送するように構成ジョブを構成できます。SCPは、SSHプロトコルに基づいています。設定ジョブに含めることができる SCP コマンドの 1 つに、「put」コマンドがあります。構成ジョブで「put」コマンドを使用して、システムのローカルディレクトリに保存されている1つ以上のファイルをCitrix ADMにアップロードまたは転送し、次にCitrix ADC インスタンスのディレクトリにアップロードまたは転送できます。

注: ファイルはCitrix ADM にアップロードされ、後で選択したCitrix ADC インスタンスにコピー(置く)されます。アップロードされたファイルはCitrix ADM に保存され、ジョブが削除されたときにのみ削除されます。これは、後で実行するようにスケジュールされているジョブに必要です。

このコマンドの構文を次に示します。

put <local_filename> <remote_path/remote_filename>

各項目の意味は次のとおりです。

<local_filename>は、アップロードするローカルファイルの名前です。

<remote_path/remote_filename>は、リモートディレクトリへのパスと、そのディレクトリにコピーするときにファイルに割り当てる名前です。

構成ジョブの作成中に、ローカルファイル名とリモートファイル名のパラメーターを変数に変換できます。これにより、ジョブを実行するたびに、同じCitrix ADCインスタンスのセットに対して、これらのパラメーターに異なるファイルを割り当てることができます。また、1つのファイルをジョブ内の複数の位置で使用しており、そのファイルの名前を変更する必要がある場合は、すべての位置でファイル名を変更するのではなく、変数を再定義できます。

put コマンドを使用して、設定ジョブでファイルをアップロードするには、次の手順を実行します。

  1. インフラストラクチャ > 構成ジョブに移動します

  2. [ ジョブ ] ページで、[ ジョブの作成] をクリックします。

  3. [ ジョブの作成 ] ページで、[ジョブ名] フィールドにジョブの名前を入力し、[ 構成エディタ ] ペインで [put] コマンドを入力します。

    たとえば、ローカルシステムに保存されているSSL証明書ファイルを複数のCitrix ADCインスタンスにコピーする構成ジョブを作成する場合は、特定のファイルの名前の代わりに変数を使用する「put」コマンドを追加し、変数の種類を「file」として定義できます。

    put ssl-file /nsconfig/ssl-file

    この例の説明を次に示します。

    • ssl-file -Citrix ADCインスタンスにアップロードする必要があるファイルの名前です。

    • /nsconfig/ssl-file -これは、 タスクの実行後にssl-fileが配置されるインスタンス上の宛先フォルダです。

  4. 次の図に示すように、入力したコマンドで、変数に変換するファイル名を選択し、[変数に変換] をクリックします。

    変数に変換

  5. ファイル名がドル記号 (現在の変数であることを示す) で囲まれていることを確認し、変数をクリックします。

  6. 名前、表示名、タイプなど、変数の詳細を指定します。

  7. [ タイプ ] ドロップダウンリストから [ ファイル] を選択します。[保存] をクリックします。変数を「ファイル」タイプとして宣言すると、ファイルをCitrix ADM にアップロードできます。

    変数としてファイル

  8. 次へ ]をクリックし、ファイルのコピー先となるCitrix ADC インスタンスを選択します。

  9. 変数値の指定 ]タブで、[ すべてのインスタンスの共通変数値 ]セクションを選択し、システム上のローカルストレージからファイルを選択し、[アップロード]をクリックしてCitrix ADMにファイルをアップロードし、[次へ]をクリックします。

    ファイルをアップロード

  10. [Job Preview] タブでは、各インスタンスまたはインスタンスグループで実行するコマンドを評価および検証できます。

  11. [Execute] タブでは、ジョブを今すぐ実行することも、後で実行するようにスケジュールすることもできます。コマンドが失敗した場合にCitrix ADMが実行する必要があるアクションを選択することもできます。また、ジョブの成功または失敗、およびその他の詳細について通知を受け取るように、メール通知を作成できます。[完了] をクリックします。

  12. ジョブの詳細を表示するには、[インフラストラクチャ] > [構成ジョブ] に移動し、構成したジョブを選択します。[ 詳細] をクリックし、[変数の詳細] をクリックして、ジョブに追加された変数を一覧表示します。

    変数をリストする

設定ジョブで SCP (put) コマンドを使用する

この記事の概要