Citrix Application Delivery Management

Citrix ADM 13.1—12.50 リリースのリリースノート

このリリースノートドキュメントでは、Citrix ADM リリース Build 13.1-12.50 の機能強化と変更、修正された問題と既知の問題について説明します。

メモ

このリリースノートには、セキュリティ関連の修正は含まれていません。セキュリティに関する修正とアドバイスの一覧については、Citrixセキュリティ情報を参照してください。

新機能

ビルド 13.1 ~ 12.50 で利用できる機能強化と変更。

管理とモニタリング

データベース同期ログメッセージの表示

[設定] > [展開 ] に[ログの表示 ] オプションが表示され、以下を表示できます。

  • 前回成功したデータベース同期の詳細。

  • ストリーミングレプリケーションエラー時に [ Sync Database] をクリックしたときの現在のデータベース同期の進行状況

[NSADM-71048]

ライセンス

ADM オンプレミス Express 製品を 2 台の仮想サーバに変更

Citrix ADM Expressエディションが30から2つの仮想サーバーの無料ライセンスに更新されました。検出されたアプリケーションまたは仮想サーバーを最大 2 つまで管理し、分析を表示できるようになりました。3 台以上の仮想サーバにライセンスを適用するには、新しい Advanced ADM ライセンスを購入する必要があります。以前、ADM は 30 個の仮想サーバーの無料ライセンスをサポートしていました。

3 つ以上の仮想サーバーライセンスを使用している場合、30 日が経過すると、無料のデフォルトライセンスは 2 台の仮想サーバーにのみ適用されます。また、残りの仮想サーバについては、新しいライセンスを購入して適用する必要があります。

詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

[NSADM-76704]

StyleBook

StyleBookは暗黙的なデータ型の型キャストをサポートしています

StyleBook 式をさまざまなデータ型に使用すると、StyleBook エンジンが出力を適切なデータ型に暗黙的に型キャストするようになりました。たとえば、stringinteger型の間で加算操作を実行すると、StyleBookエンジンは出力データ型をstringに設定します。

[NSADM-77219]

解決された問題

ビルド 13.1 ~ 12.50 で対処される問題。

Analytics

  • メモリ破損のため、mas_afdecoder プロセスは失敗します。この修正により、Citrix ADM は mas_afdecoder プロセスをチェックしてメモリの破損を回避し、デバッグされたログを減らします。

    [NSHELP-29237]

  • カスタムアプリケーションに新しい仮想サーバを追加すると、そのアプリケーションに Out of Service 仮想サーバがあると、そのアプリケーションに追加できません。

    [NSHELP-29213]

  • 多数の仮想サーバを監視している場合、[Network Functions] ダッシュボードの読み込みに時間がかかるか、応答しなくなります。

    [NSHELP-29274]

管理とモニタリング

  • GSLB 設定では、複数の ADC インスタンスに同じドメイン名がある場合、エンティティポーリングによってデータベースが誤って更新されます。

    [NSHELP-29885]

  • Citrix ADMで[ NetScalerConfigChange イベントの受信時に監査を実行]を有効にすると、ADMは構成の変更があるたびにADCインスタンスをポーリングします。ただし、ADC 設定に同時に複数の変更があった場合、設定監査ポーリングは失敗します。構成監査ポーリングを有効にする方法については、「 構成監査通知の設定」を参照してください。

    [NSHELP-29855]

  • Citrix ADM を 13.0.83.x にアップグレードした後、ADC インスタンスで古いアプリケーション名が変更されると、 アプリケーションダッシュボードに古いアプリケーション名が表示されます

    [NSHELP-29518]

  • インスタンスネットワークレポート機能を有効にすると、多数の仮想サーバー、サービス、およびサービスグループがある ADM で CPU 消費量が増加します。

    [NSHELP-29436]

  • Citrix ADM を13.1-4.43 バージョンにアップグレードすると、ADM GUI にセカンダリADMサーバーのCPU、メモリ、およびディスクのステータスが表示されなくなります。

    [NSHELP-29344]

  • Citrix ADM で、同じIPアドレスを持つ2つのADCインスタンスを追加すると、ADM GUIには1つのインスタンスのステータスが [UP]、もう一方のインスタンスステータスが [DOWN] と表示されます。DOWN 状態の ADC インスタンスを再検出すると、ADM は ADC バージョンのフェッチに失敗します。

    [NSHELP-29227]

  • 場合によっては、ADC パーティションの設定監査が期待どおりに機能しないことがあります。

    [NSHELP-29051]

  • ADM メンテナンスジョブを使用して ADC インスタンスをアップグレードする場合、インスタンスの再起動後、[Citrix ADC インスタンス] ページに、アップグレードされた ADC イメージバージョンが表示されません。GUI には古いイメージバージョンが引き続き表示されます。

    [NSADM-60824]

ユーザーインターフェイス

ブラウザタブが非アクティブな場合、ADM GUI に誤った ADM サーバ時刻が表示される。

[NSHELP-28278]

既知の問題

リリース 13.1 ~ 12.50 に存在する問題。

Analytics

  • 仮想サーバーで分析を有効にすると、ADC と ADM の間で必要な情報の一部が失われることがあります。その結果、トランザクションデータは無効になり、ADM レポートでは使用できなくなります。

    [NSHELP-26545]

  • Citrix ADM 13.1-12.x ビルドでは、2 つの無料仮想サーバーライセンスのみがサポートされます。詳しくは、「ライセンス」を参照してください。

    13.1-12.x ビルドにアップグレードした後、Analytics が既に有効になっている仮想サーバーのライセンスがなくなっても、[ すべての仮想サーバー ] ページ ([設定] > [ライセンス & Analytics の設定] > [Analytics の設定]) の [Analyticsステータス] に引き続き有効と表示されることがあります。ただし、分析データは ADM には表示されません。

    [NSADM-79893]

オーケストレーション

  • ADM オーケストレーションを使用して OpenStack Lbaas にメンバーを作成すると、OpenStack でメンバーの作成が断続的に失敗します。この問題は、ADM からオーケストレーションサービスへのプロキシ要求が 30 秒後にタイムアウトした場合に発生します。今回の修正により、オーケストレーション API のリクエストタイムアウトが 120 秒に増加しました。

    [NSHELP-21490]

  • OpenStack Queens for LBaaS ワークフローを使用している場合、負荷分散仮想サーバーはコンテンツスイッチング仮想サーバーにバインドされません。この問題はトラフィックに影響します。

回避策

  1. 負荷分散仮想サーバーでプールを作成します。
  2. プール ID を持つリスナーを作成します。 リスナーがすでにある場合は、プール ID でリスナーを更新します。

[NSADM-36631]

管理とモニタリング

  • AzureクラウドでCitrix ADM 13.1オンプレミスエージェントを構成すると、エラーメッセージが表示されます。

    回避策:このエラーメッセージは無視して、設定を続行できます。

    [NSADM-81739]

Citrix ADM 13.1—12.50 リリースのリリースノート