Citrix Application Delivery Management

トラブルシューティング

移行スクリプトを初めて実行すると、前提条件をチェックし、移行を続行します。すべての前提条件が満たされている場合、移行はエラーなしで完了します。前提条件のいずれかが失敗すると、スクリプトは理由とともにエラーメッセージを表示します。エラーを修正したら、スクリプトを再度実行する必要があります。

「既に存在します」というエラーメッセージが表示された場合は、次のことを意味します。

  • 移行スクリプトを 1 回以上実行し、一部の構成が既に ADM サービスに移行されている場合があります。

  • 移行スクリプトを実行する前に、ADM サービスで同じ設定を手動で作成した可能性があります。

次のエラーメッセージの一部を参照してください。

手動プロファイルが ADM サービスに追加されました

プロファイルの手動追加

回避策:移行スクリプトを実行する前にCitrix ADMサービスで管理者プロファイルを作成した場合は、それらのプロファイルを削除して移行スクリプトを再実行してください。

ADMサービスに追加されたCitrix ADCデバイス

手動ADCデバイスの追加

回避策: オンプレミスの ADM で、インスタンスのステータスを確認し、問題なくインスタンスにアクセスできるかどうかを確認します。問題が解決しない場合は、問題を修正し、移行スクリプトを再実行します。

StyleBookカスタムテンプレートをADMサービスにインポートする

StyleBookの手動追加

回避策:このエラーメッセージは、移行済みのStyleBookの例です。このエラーは、移行スクリプトを実行する前に、Citrix ADMサービスで同じ名前、バージョン、名前空間のStyleBookを手動で作成した場合にも表示されます。

ADM サービスに追加された構成ジョブ

構成ジョブの手動追加

回避策:このエラーは、Express アカウントに登録していて、3 つ以上の構成ジョブがある場合に発生します。すべての構成ジョブを移行するには、有効なサブスクリプションを取得する必要があります。

ADM サービスに追加された IP ブロック

IPブロックの手動追加

回避策:ADM サービスで手動で作成された IP ブロックを削除し、移行スクリプトを再実行します。

ネットワークダッシュボードレポートの追加ステータス

ネットワークダッシュボードの手動追加

回避策: ADM Service で手動で作成されたダッシュボードを削除し、移行スクリプトを再実行します。