Citrixライセンスサーバーの更新と構成

Citrixライセンスサーバーは、License Usage Insights(LUI)サービスの重要なコンポーネントです。LUIサービスを使用するには、Citrixライセンスサーバーをバージョン11.13.1.2以降に更新する必要があります。

Citrixライセンスサーバーについて

Citrixライセンスサーバー11.13.1.2以降には、Citrix Service Provider(CSP)パートナーにとって重要な主要機能が含まれています。

  • 最適化された使用状況収集機能:ライセンスサーバーには、ライセンスの動作と追跡を最適化する新しい機能が追加され、CSPをさらに適切にサポートできるようになりました。
  • Call Home:ライセンスサーバーには、CSPパートナーの製品使用状況収集を自動化するCall Home機能が含まれています。これらの機能はCSPパートナーに限定されており、ライセンスサーバーでCSPライセンスが検出された場合にのみ有効になります。

CitrixライセンスサーバーをアップグレードしてLicense Usage Insightsサービスを使用する

次の手順を実行します:

  1. 最新のライセンスサーバーをダウンロードします
  2. ライセンスサーバーをアップグレードします。
  3. ライセンスサーバーごとにアップグレードプロセスを繰り返します。
  4. LUIサービスの使用を開始します

ライセンスサーバーによるユーザー名の匿名化

デフォルトでは、Virtual Apps and Desktopsライセンスのチェックアウトに関連付けられたユーザー名が、安全にシトリックスに送信されます。

ユーザー名の送信によって、CSPパートナーはLUI機能、およびトライアル、テスト、管理用に製品を使用している無料ユーザーをサポートするCSPライセンスプログラムをフルに活用できます。

ユーザー情報は、単一の「ユーザー@ドメイン」エントリのみです。それ以外の個人が識別可能なデータは送信されません。また、シトリックスがこの情報を共有することはありません。

ユーザー名情報のアップロードに不安を覚えるパートナーの場合、ユーザー名の匿名化を有効にすることができます。アクティブにすると、ユーザー名の匿名化機能によって、アップロード前に安全で不可逆的なアルゴリズムを使用して、読み取り可能なユーザー名が一意の文字列に変換されます。

LUIサービスは、これらの一意の識別子を使用して、実際のユーザー名の代わりに製品の使用状況を追跡します。このアプローチにより、クラウドサービスのユーザーインターフェイスに実際のユーザー名が表示されることなく、サービスプロバイダーが月ごとの情報を活用できます。

ユーザー名の匿名化を構成するには

  1. ライセンスサーバーの構成ファイルをテキストエディターで開きます。通常、構成ファイルはC:\ProgramFiles\Citrix\Licensing\WebServicesForLicensing\SimpleLicenseServiceConfig.xmlにあります。
  2. [構成] セクションで、UsageBasedBillingScramble設定を見つけます。
  3. 現在の値を1に変更し、ファイルを保存します。

アップロードに含まれるライセンスサーバー情報

CSPホームがCitrixライセンスサーバー上でアクティブになると、次の情報が毎日アップロードされます。

  • ライセンスサーバーに関する情報:ライセンスサーバーのバージョン
  • ライセンスサーバーのライセンスに関する情報:
    • サーバーにインストールされているライセンスファイル
    • ライセンスファイルの有効期限
    • 製品機能およびエディションの使用権情報
    • ライセンス数量
  • ライセンスの使用状況に関する情報:
    • 現在の暦月に使用されたライセンス
    • ライセンスのチェックアウトに関連付けられたユーザー名
    • アクティブ化された製品の機能とエディション

ライセンスサーバーのアップロードを表示する

CSPパートナーは、ライセンスサーバー上に最後にアップロードされたペイロードを検査して、ライセンスサーバーがシトリックスに送信する情報の詳細を完全に把握することができます。このペイロードのコピーは、ライセンスサーバー上に.zipファイルとして保存されます。デフォルトでは、保存場所はC:\Program Files (x86)\Citrix\Licensing\LS\resource\usage\upload_1456166761.zipです。

メモ

成功したアップロードは最新のものを除いて削除されます。アップロードが成功するまで、失敗したアップロードはディスクに残ります。この場合、最新のアップロード以外すべてが削除されます。