用語

Citrix Cloud: シトリックスが管理するクラウドベースのコントロールプレーン。お客様はこのプレーンを使用して、自身のデータセンターまたはクラウドにサービスをプロビジョニングできます。

Citrix Cloud Connector: リソースの場所にあるリソースとCitrix Cloud間の通信を可能にします。Cloud Connectorの仕組みとセットアップ要件について詳しくは、「Citrix Cloud Connector」を参照してください。

クラウドサービス: クラウドサービスは、利用者の業務に必要なサービスを実現する機能を提供します。そのために必要なインフラストラクチャの構築および管理も含まれます。

ライブラリ: 利用者が利用できるオファリングを構成するアプリケーション、デスクトップ、またはデータが含まれます。管理者は、ライブラリを使用してオファリングを作成および管理し、利用者にアクセスを許可します。詳しくは、「ライブラリを使用してサービスオファリングにユーザーとグループを割り当てる」を参照してください。

オファリング(顧客が利用者に提供):Citrix Cloud管理者が利用者に割り当てるライブラリ内のアプリケーション、デスクトップ、またはデータ。オファリングは、Virtual Apps and DesktopsサービスなどのCitrix Cloudサービスで作成できます。利用者は、割り当てられたアプリケーション、デスクトップ、データのみにアクセスできます。

リソースの場所: Citrix Cloudサービスで使用するリソースが含まれる場所を定義します。リソースの場所は、パブリッククラウドまたはプライベートクラウド、またはオンプレミスデータセンターに配置できます。構築するリソースの場所の数に制限はありません。リソースの場所のリソースは、すべて定義された通信/ネットワーク境界内に存在します。Citrix Cloudからこの場所に、または操作に必要な顧客インフラストラクチャにアクセスできます。Citrix Cloudへの接続は、Cloud Connectorを経由します。詳しくは、「リソースの場所」を参照してください。

リソース: お客様が使用するCitrix Cloudサービスのインフラストラクチャを提供するためのコンポーネント。リソースには、ハイパーバイザー、サーバー、ネットワークアプライアンス、Citrix Virtual Apps and DesktopsのVDAなどが含まれます。これらのコンポーネントは、通常、Citrix Cloud内のリソースの場所に存在します。詳しくは、「リソースの場所」を参照してください。

利用者: Citrix Cloud管理者によって割り当てられたライブラリオファリングを使用するユーザー。利用者は、Citrix ReceiverやCitrix Virtual Apps Essentialsサービスの一部として利用可能なワークスペースを使用して、オファリングにアクセスできます。

ワークスペース: 利用者がアクセスできるオファリングで構成されます。ワークスペースは、Citrix Virtual Apps Essentialsサービスの一部として利用できます。ワークスペースの使用について詳しくは、「ワークスペース構成」を参照してください。

用語

In this article