Citrix Files for Outlook

バージョン情報

Citrix Files for Outlookによって、添付ファイルやメールをCitrix Files経由で、ファイルサイズの制限を回避しながらセキュリティを強化して送信できます。同僚、顧客、パートナーに対して、ファイルアップロードリクエストを安全に、メールで直接送信できます。

誰かがファイルにアクセスしたりファイルを送信したりするたびに通知を受信するため、常に状況を把握でき、必要に応じて対処できます。また、ファイルごとにセキュリティレベルとアクセスレベルを設定することで、より細やかに管理できます。

シトリックスのダウンロードでCitrix Files for Outlookをダウンロード。

新機能について詳しくは、「新機能」を参照してください。

解決された問題

6.5.1で解決された問題

  • 「Encryption」トグルボタンの言語を変更した後、初めてファイルを添付するときに、バナーがローカライズされないことがあります。 [SFOLP-1306]
  • ファイルを添付した後、ファイルがロードされた後、「ファイルを挿入」ウィンドウが再びポップアップすることがあります。 [SFOLP-1396]
  • オペレーティングシステムのカルチャが別の国に設定されている場合、英語が使用可能なオプションとして表示されないことがあります。 [SFOLP-1398]
  • ユーザーが認証されていない場合、「添付ファイルの変換」が無効にならないことがあります。 [SFOLP-1399]
  • カルチャリストを作成するときに、Citrix Files for Outlookアドインがクラッシュすることがあります。 [SFOLP-1401]

6.5で解決された問題

  • ユーザーがサインインしていなくても、添付Citrix Files の添付ファイルに変換されることがあります。 [SFOLP-1307]
  • 読み込み中のフォルダを閉じると、再度開いたときに誤ったフォルダが表示されることがあります。 [SFOLP-1334]
  • ユーザーがサインインしていなくても、添付Citrix Files 添付ファイルとして追加されることがあります。 [SFOLP-1355]
  • Outlook を起動すると、認証が断続的に失敗します。 [SFOLP-1360]

6.4で解決された問題

  • 新しいバージョンのCitrix Files for Outlookをインストールした後にウェルカムメッセージに表示されるアイコンがピクセル化されることがあります。 [SFOLP-1042]
  • シングルサインオンを使用してサインインした後、ユーザーは手動で再度認証する必要があります。 [SFOLP-1152]

6.3.1で解決された問題

  • 受信者は、ログオンが必要な共有にアクセスできない場合があります。 [SFOLP-1051]

6.3で解決された問題

  • Citrix Workspace アプリからログアウトすると、Citrix Files for Outlookがログインしたままになることがあります。 [SFOLP-1020]
  • Citrix Files for Outlookが頻繁にログオンするように求められることがあります。 [SFOLP-1025]
  • ログオンしていない場合でも、添付ファイルは自動変換されることがあります。 [SFOLP-1046]
  • Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktopsセッションで15分後にMicrosoft Outlookを起動すると、シングルサインオンではなくログオンを求められます。 [SFOLP-1048]
  • 共有する最上位のパーソナルクラウドコネクタフォルダを選択できます。 [SFOLP-1092]
  • 個人用クラウドコネクタが構成されていない場合、空のログオンページが表示されます。 [SFOLP-1093]
  • トークンの有効期限が切れ、別のユーザーがログオンした後も、一部の設定が保持されます。 [SFOLP-1128]

6.2で解決された問題

  • メールを下書きとして保存すると、アイテムの添付に失敗することがあります。 [SFOLP-984]
  • [カスタム設定] ダイアログが画面の下部に表示されることがあります。 [SFOLP-990]
  • [Citrix添付ファイル]バナーがメールウィンドウの外に表示されることがあります。 [SFOLP-1006]
  • メールアドレスには特殊文字を使用できない場合があります。 [SFOLP-1014]
  • コンピュータごとのインストールオプションを使用すると、サブドメインを入力した後、「ブラウザが最新ではありません」というプロンプトが表示されることがあります。 [SFOLP-1018]

既知の問題

6.5の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

6.4の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

6.3.1の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

6.3の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

6.2の既知の問題

このリリースで確認されている新しい問題はありません。

システム要件

OSの要件

  • Windows 7以降

.NETの要件

  • Microsoft .NET Framework 4.6以降

Microsoft Outlookバージョン要件

  • Microsoft Outlook 2007, 2010, 2013, 2016, 2019 (32-bit and 64-bit).
  • フルインストールされた Office アプリケーションを含む Office 365 プラン。

注:

プラグインのローカルバージョンは、Microsoft Outlook Express、Mac 用の Outlook、または Web ベースの Outlook と互換性がありません。

Citrix Content Collaborationの要件

  • Citrix Content Collaboration Advanced、Premium、またはVirtual Data Roomプラン。
  • ユーザーは、アカウントのEmployeeユーザーである必要があります。