Citrix Files for Windows

バージョン情報

Citrix Files for Windowsでは、マップされたドライブからファイルに直接アクセスできるため、Windowsエクスプローラーのネイティブエクスペリエンスを実現できます。ファイルはアクセス時にのみダウンロードされ、コンピュータに一時的に保存されます。ファイルに加えられた変更は、自動的にクラウドに保存されます。Windows の右クリックコンテキストメニューからより多くの機能にアクセスし、ファイルの共有や要求などの操作を実行できます。

Citrix ダウンロードでCitrix Files for Windowsをダウンロードします。

新着機能

1909の新機能

その他の更新

  • ログアウトして再度サインインすると、Citrix Files for Windowsでは、これらの項目を削除しない限り、設定とオフラインファイルが保持されます。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops環境でCitrix Files for Windowsを使用する場合のディスク容量を節約し、パフォーマンスを向上させるために、データベースがクリーンアップされました。

1907の新機能

新製品バージョン番号

このリリース時点では、製品バージョン番号は YYMM の形式で表示されます。YY は年で、MM は製品がリリースされた月です。たとえば、2019 年 7 月のリリースは 1907 と表示されます。

以前のリリースのCitrix Files for Windowsでは、バージョン番号は4.versionの形式に従っていました。バージョン値は、リリースごとに1ずつ増加しました。たとえば、4.5 以降のリリースは 4.6 でした。これらの以前のリリースは、新しい番号付け形式では更新されません。

自動チェックアウト

自動チェックアウトを使用すると、管理者は、開いた後に Microsoft Office および AutoCAD ファイルを自動的にチェックアウトできます。自動チェックアウトは、更新されたグループポリシーを使用して有効になります。

フォルダの競合解決

ユーザーが既存のフォルダを作成した場合、フォルダ作成の競合を検出して解決できるようになりました。

5.0 の新機能

オフラインアクセス

Citrix Files for Windowsのすべての従業員ユーザーがオフラインアクセスを使用できるようになりました。これには、次の機能強化がすべて含まれています。

  • エクスプローラウィンドウを使用して、個々のファイルとフォルダをオフラインで使用することができます。
  • オフライン同期の管理ウィンドウ。オフラインにしておくフォルダを簡単に選択できます。
  • ファイルとフォルダのオフライン、同期、またはエラーの状態を示す新しいビジュアルオーバーレイです。
  • 変更、名前変更、移動、または削除されたファイルの競合解決。
  • ダッシュボードに [エラー] タブが追加されました。これにより、ユーザーは特定のエラーに対して解決アクションを実行し、他のエラーに関する情報を取得できます。

ダッシュボードの改善

ユーザーは、最近アクセスしたファイルを表示し、Windows エクスプローラの場合と同様に、そのファイルに対して使用可能なすべてのアクションにアクセスできます。

4.6 の新機能

MSI のサポート

管理者は、Citrix Files for Windowsファイルのx64.msiファイルを展開できるようになりました。Citrix Files for Windows 4.6 用の.msi ファイルは、後続の.msi ファイルへの自動アップデートをサポートしていないため、.exeファイルを指す自動アップグレードを無効にするには、GPOを展開する必要があります。.exeバージョンのCitrix Files for Windowsがインストールされていて、.msiを使用する場合は、まず.exeバージョンをアンインストールする必要があります。.msi はCitrix ダウンロードからダウンロードできます。

ファイルの競合の検出と解決 (プレビュー)

現在編集中のファイルの新しいバージョンがアップロードされると、ユーザーに通知されます。ユーザーがファイルを保存するときに、Citrix Files for Windowsへのファイルの上書き、破棄、またはコピーを保存するかどうかを選択できます。[エラー] タブに競合の通知が表示されます。

注:

[エラー] タブは、[設定] の [ ベータ機能を有効にする ] 切り替えをオンにした後に有効になります。ベータ機能の詳細については、ナレッジセンターの記事CTX237762を参照してください。

4.5 の新機能

[最新の更新] タブ

ダッシュボードの [最近使用したファイル] タブがクロスプラットフォームになりました。Webアプリケーションまたはモバイルアプリケーションを使用してファイルにアクセスすると、アクセスしたファイルは最新のファイルとしてCitrix Files for Windowsに表示されます。ダッシュボードからファイルを開き、ファイルの場所を表示できます。アクティブなアップロードと直接ダウンロードは、[キュー] タブで引き続き確認できます。

[ベータ版アクセスを有効にする] を使用する場合の新機能

ベータ機能を有効にすると、ダッシュボードに [エラー] タブが表示されます。このタブでは、アップロードに失敗したファイルや作成に失敗したフォルダーなど、Citrix Files for Windowsアクティビティに関するエラーをすばやく表示できます。

注:

この機能は、[設定] の [ベータ機能を有効にする ] 切り替えをオンにした後に有効になります。ベータ機能の詳細については、ナレッジセンターの記事CTX237762を参照してください。

オフラインアクセスの改善 (プレビュー)

このリリースでは、保留中のフォルダアクションが追加されました。このプレビュー機能を使用すると、オフラインモードですべてのフォルダ操作(作成、削除、更新)を行うことができます。

オフラインアクセス機能の詳細については、ナレッジセンターの記事CTX237762を参照してください。

4.4 の新機能

オフラインアクセスの改善 (プレビュー)

オフライン同期の管理など、Citrix Files for Windowのオフラインアクセスの全般が改善されました。

オフラインアクセス機能の詳細については、ナレッジセンターの記事CTX237762を参照してください。

4.3 の新機能

オフラインアクセス (プレビュー)

オフラインアクセスを使用すると、インターネットに接続していないときに [ オフライン ] として指定したフォルダやファイルにアクセスできます。ローカルで変更を行うことができ、インターネットに再接続すると、変更内容がCitrix Content Collaboration アカウントに反映されます。デバイスで [ オフライン ] に指定したフォルダに別のユーザーが新しいコンテンツをアップロードすると、そのコンテンツは端末で自動的に [ オフライン ] としてマークされます。

オフラインアクセスは、ファイルまたはフォルダレベル、および各デバイスに対して構成されます。あるデバイスでファイルまたはフォルダをオフラインとして設定すると、同じファイルまたはフォルダが別のデバイスではオフラインになりません。

オフラインアクセスの詳細については、ナレッジセンターの記事CTX237762を参照してください。

ネットワーク共有および SharePoint コネクタへのワークスペースシングルサインオン

Citrix Workspace アカウントを使用して、シングルサインオンを使用してネットワーク共有およびSharePointコネクタにログオンできます。詳細については、「ネットワーク共有および SharePoint コネクタへの認証」を参照してください。

修正された問題

1909で解決された問題

  • フォルダ内のファイルを変更すると、フォルダの「最終更新日」が正しく更新されないことがあります。 [SFWIN-2397]
  • Adobe Acrobat でファイルを編集した後、PDF が正しく保存されないことがあります。 [SFWIN-2543]
  • 特定の Windows アプリケーションが断続的に終了することがあります。 [SFWIN-2559]
  • ネットワーク共有コネクタを使用しているときに、認証に失敗した後も、ユーザーは再度認証を求められません。 [SFWIN-2570]
  • 保存後、Citrix Files からMicrosoft Officeファイルが削除されることがあります。 [SFWIN-2596]

1907で解決された問題

  • 特定の環境でCitrix Files マウントに失敗する。 [SFWIN-1775]
  • 大きな画像ファイルやビデオファイルを含むフォルダは、読み込みに通常よりも時間がかかる場合があります。 [SFWIN-2273]
  • ファイルがオフラインのままの場合、オフラインファイルにアクセスできないことがあります。 [SFWIN-2464]
  • 変更された AutoCAD ファイルでは、アップロードされたファイルの古いバージョンが削除されることがあります。 [SFWIN-2470]
  • Citrix Files for Windowsがネットワーク接続なしでサインインしている場合、オフラインファイルは編集できません。 [SFWIN-2483]

5.0 で修正された問題

  • AutoCAD ファイルがランダムに削除されることがあります。 [SFWIN-2094]
  • ユーザーが変更したファイルを開くと、ファイル内の内容が古くなる可能性があります。 [SFWIN-2132]
  • ファイルを開くと、誤って競合メッセージ[SFWIN-2267]が表示されることがある
  • ドキュメントを PDF としてエクスポートすると失敗することがあります。

4.6 で修正された問題

  • マップされたCitrix Files ドライブにアクセスすると、「不正な機能」というエラーメッセージが表示されます。 [SFWIN-2009]
  • Microsoft Edge を使用して保存したファイルが正しくアップロードされないことがあります。 [SFWIN-2113]
  • ユーザーのAppDataシステム変数がUNCパスをポイントすると、Citrix Files for Windowsは予期せず終了します。 [SFWIN-2117]
  • PDF ファイルが保存時に破損することがあります。 [SFWIN-2120]

4.5で修正された問題

  • Bluebeam を使用して編集した PDF ファイルが破損する。 [SFWIN-1451]
  • Citrix Files がVDAにログオンすると、「アクセストークンの有効期限が切れているか取り消されている可能性があります」と誤って表示される。 [SFWIN-1686]
  • Citrix Files をアップグレードした後、アプリケーションは間違ったドライブ文字にマップされます。 [SFWIN-1819]
  • Citrix Files 場所に保存すると、最終的に保存されたファイルが破損します。 [SFWIN-1890]
  • ネットワークを切断または変更すると、Citrix Files が予期せず終了することがあります。 [SFWIN-1967]

4.4 で修正された問題

  • Citrix Files 大量のメモリを消費することがあります。 [SFWIN-1502]
  • Citrix Files にファイルを保存すると、待ち時間が長くなることがあります。 [SFWIN-1556]
  • 古いバージョンのファイルが表示されることがあります。 [SFWIN-1570]
  • Citrix Files パフォーマンスが低下することがあります。 [SFWIN-1642]
  • Citrix Files、AutoCADの.dwgファイルを保存しない場合があります。 [SFWIN-1669]
  • Jupyterノートブックは、Citrix Files 新しいチェックポイントフォルダを追加し続けます。 [SFWIN-1676]
  • フォルダを開くと、エクスプローラがフリーズすることがあります。 [SFWIN-1707]
  • Blue Beam でファイルを編集すると、0 バイトのファイルがアップロードされることがあります。 [SFWIN-1758]
  • Citrix Files からローカルマシンにフォルダを移動すると、フォルダ内のファイルが転送されないことがあります。 [SFWIN-1782]

4.3 で修正された問題

  • プロジェクトファイルを開くと、破損することがあります。 [SFWIN-1437]
  • Fslogixを使用してアプリケーションデータを保存すると、Citrix Files 動作しないことがあります。 [SFWIN-1460]
  • ファイルがサーバーに完全にアップロードされる前にファイルの名前を変更すると、ローカルに 2 つのファイルが作成されることがあります。 [SFWIN-1468]
  • VDAでSAMLシングルサインオンを使用している場合、自動ログオンが機能しないことがあります。 [SFWIN-1507]
  • PDF ファイルを開いたり編集したりすると、破損することがあります。 [SFWIN-1509]
  • リモートとローカルでCitrixファイル間でファイルとフォルダーが一致しない場合があります。 [SFWIN-1524]
  • Citrix Files ドライブにファイルを保存すると、ドライブの書き込みが遅くなることがあります。 [SFWIN-1556]
  • ファイルを右クリックすると、コンテキストメニューが表示されないことがあります。 [SFWIN-1559]
  • ファイルの最終更新日が一貫していない可能性があります。 [SFWIN-1670]

既知の問題

1909の既知の問題

このリリースでは、新しい問題は発生していません。

1907の既知の問題

このリリースでは、新しい問題は発生していません。

5.0の既知の問題

  • サードパーティ製のソフトウェアによっては、Citrix Files for Windowsのフォルダー構造をマウントする機能に干渉する場合があります。オフラインアクセスの詳細については、ナレッジセンターの記事CTX250001を参照してください。
  • Citrix Files for WindowsはWindows 10でマウントできません。バージョン 1809 の最近の Windows 更新プログラムでは、ドライブのマウントに関する問題が発生しました。マップされたドライブおよび Windows 10 1809 の詳細と回避策については、「Windowsサポート」を参照してください。
  • 大量のマルチメディアファイルを含むフォルダーにアクセスすると、読み込み時間が遅くなります。回避策については、ナレッジセンターの記事CTX241253を参照してください。
  • ファイルまたはフォルダの名前を、大文字と小文字を区別して同じ名前に変更しても機能しません。 [SFWIN-1711]

4.6の既知の問題

  • アップロード中にベータ機能を有効にしてバージョン 4.5 からバージョン 4.6 にアップグレードすると、アップロードがキャンセルされます。回避策として、アップロードが完了するのを待ってからアップグレードしてください。
  • Citrix Files for WindowsはWindows 10でマウントできません。最近の Windows 更新プログラム (バージョン 1809) では、ドライブのマウントに関する問題が導入されました。マップされたドライブおよび Windows 10 1809 の詳細と回避策については、「Windowsサポート」を参照してください。
  • 大量のマルチメディアファイルを含むフォルダーにアクセスすると、読み込み時間が遅くなります。回避策については、ナレッジセンターの記事CTX241253を参照してください。
  • ファイルまたはフォルダの名前を、大文字と小文字を区別して同じ名前に変更しても機能しません。 [SFWIN-1711]

4.5の既知の問題

  • Citrix Files for WindowsはWindows 10でマウントできません。最近の Windows 更新プログラム (バージョン 1809) では、ドライブのマウントに関する問題が導入されました。マップされたドライブおよび Windows 10 1809 の詳細と回避策については、「Windowsサポート」を参照してください。
  • ファイルまたはフォルダの名前を、大文字と小文字を区別して同じ名前に変更しても機能しません。 [SFWIN-1532]

4.4の既知の問題

  • Citrix Files for WindowsはWindows 10でマウントできません。最近の Windows 更新プログラム (バージョン 1809) では、ドライブのマウントに関する問題が導入されました。マップされたドライブおよび Windows 10 1809 の詳細と回避策については、「Windowsサポート」を参照してください。
  • ファイルまたはフォルダの名前を、大文字と小文字を区別して同じ名前に変更しても機能しません。 [SFWIN-1532]

4.3の既知の問題

このリリースでは、新しい問題は発生していません。

制限事項

注:

次の情報は、以前はナレッジセンターの記事 CTX228273 で公開されていました。

  • Citrix Files アプリをアンインストールすると、現在サインインしているユーザーのローカルAppDataが削除されますが、そのマシン上の他のユーザーのCitrixファイルAppDataは削除されません。回避策として、各ユーザの ディレクトリC:\users\<user>\Appdata\Local\Citrix\Citrix Files\ とディレクトリC:\Users\<user>\AppData\Roaming\Citrix\Citrix Filesを削除します。
  • サインイン時に「アクションの実行に失敗しました」と表示されることがあります。回避策として、フォルダーC:\Users\<user>\AppData\Roaming\Citrix\Citrix Filesをクリアし、アプリを再起動します。
  • フォルダを作成または名前変更し、そのフォルダ内の子フォルダと同じ名前を付けると、失敗することがあります。この問題は、名前を持つ子フォルダを表示する権限がない場合に発生します。
  • サイズの大きい.exe ファイルを含むフォルダーを参照すると、Windows エクスプローラーのパフォーマンスが低下することがあります。回避策として、エクスプローラが応答する間、ユーザーは一時的に待つことができます。
  • 多数のイメージまたはビデオファイルを含むフォルダを参照すると、Windows エクスプローラのパフォーマンスが低下することがあります。詳細については、ナレッジセンターの記事CTX241253を参照してください。
  • 260 文字を超える長いフォルダパスを参照すると、ファイルは表示されません。
  • Citrix Files のドライブ文字を変更すると、左側のナビゲーションペインが新しいドライブ文字にすぐに更新されないことがあります。回避策として、PC フォルダに移動し、新しいドライブ文字に移動します。
  • Citrix Files for WindowsはWindows 10でマウントできません。バージョン 1809 の最近の Windows 更新プログラムでは、ドライブのマウントに関する問題が発生しました。マップされたドライブおよび Windows 10 1809 の詳細と回避策については、「Windowsサポート」を参照してください。
  • ~ 記号で始まるファイル名やフォルダ名はアップロードできません。
  • ファイルを別のフォルダにコピーすると、以前のバージョンのファイルがコピーされないことがあります。この問題は、コピー操作にのみ適用されます。移動操作には適用されません。
  • ファイルまたはフォルダの名前を、大文字と小文字を区別して同じ名前に変更することはできません。
  • チェックアウトされたファイルを編集すると、ユーザーが削除権限を持っていない場合、エラーが発生することがあります。回避策として、その特定のフォルダに対する削除権限をユーザーに付与するか、ファイルをチェックアウトして編集しないでください。
  • ファイルの編集中に、一時的な Office ファイルが Windows エクスプローラに表示されることがあります。この問題を回避するには、エクスプローラビューを更新して一時ファイルを削除します。
  • OneDrive for Business サブフォルダー用に構成されたマウントポイントの読み込みが断続的に失敗することがあります。回避策として、コネクタのルートを指すマウントポイントを作成します。
  • ShareFile Sync と同じマシンにCitrix Files インストールされている場合、チェックイン/チェックアウト用のオーバーレイが表示されないことがあります。
  • 制限付きゾーンはサポートされていません。
  • Citrix Files からファイルを削除しようとすると、そのファイルは一時的にエクスプローラビューに表示されなくなり、数秒以内に再び表示されます。それに加えて、削除操作が失敗したことを示すシステム通知メッセージが表示されます。この問題は、ユーザーが削除のアクセス許可を持っていない場合に発生します。

システム要件

OSの要件

  • Windows 7以降
  • Windows Server 2008 R2以降

VDAの要件

  • XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR、XenAppおよびXenDesktop 7.18、またはCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1808 以降

その他の要件

  • アプリをインストールするには、ローカル管理者権限が必要です。