Citrix DaaS

コンテンツの双方向リダイレクト

コンテンツの双方向リダイレクトにより、WebブラウザーのHTTPまたはHTTPSのURL、あるいはアプリケーションに埋め込まれたURLを、CitrixVDAセッションとクライアントエンドポイントの間で双方向に転送できます。Citrixセッションで実行されているブラウザーに入力されたURLは、クライアントのデフォルトのブラウザーを使用して開くことができます。逆に、クライアントで実行されているブラウザーに入力されたURLは、公開アプリケーションまたはデスクトップのいずれかを使用して、Citrixセッションで開くことができます。コンテンツの双方向リダイレクトの一般的なユースケースは次のとおりです:

  • 起動ブラウザーがソースへのネットワークアクセス権を持っていない場合のWeb URLのリダイレクト。
  • ブラウザーの互換性とセキュリティ上の理由からのWeb URLのリダイレクト。
  • CitrixセッションまたはクライアントでWebブラウザーを実行する必要がない場合の、アプリケーションに埋め込まれたWeb URLのリダイレクト。

システム要件

  • シングルセッションまたはマルチセッションのOS VDA
  • Windows向けCitrix Workspaceアプリ

ブラウザー:

  • Internet Explorer 11
  • Citrix Browser Redirection Extensionを備えたGoogle Chrome(Google Chromeウェブストアで入手可能)
  • Citrix Browser Redirection Extensionを備えたMicrosoft Edge(Chromium)(Google Chromeウェブストアで入手可能)

構成

リダイレクトを機能させるには、VDAとクライアントの両方でCitrixポリシーを使用して、コンテンツの双方向リダイレクトを有効にする必要があります。コンテンツの双方向リダイレクトはデフォルトで有効になっています。

VDAの構成については、「ICAポリシー設定」の「コンテンツの双方向リダイレクト」を参照してください。

クライアントの構成については、Windows向けCitrix Workspaceアプリのドキュメントの「コンテンツの双方向リダイレクト」を参照してください。

ブラウザー拡張機能は、示されているコマンドを使用して登録する必要があります。使用中のブラウザーに基づいて、VDAおよびクライアントで、必要に応じてコマンドを実行します。

ブラウザー拡張機能をVDAに登録するには、コマンドプロンプトを開きます。次に、次の例に示すように、必要なブラウザーオプションを指定して%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exeを実行します:

%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exe /regIE

%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exe /regChrome

%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exe /regEdge

使用可能なすべてのブラウザーで拡張機能を登録するには、次のコマンドを実行します:

%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exe /regall

ブラウザー拡張機能の登録を解除するには、次の例のように/unreg<browser>オプションを使用します:

%ProgramFiles(x86)%\Citrix\HDX\bin\vdaredirector.exe /unregIE

クライアントにブラウザー拡張機能を登録するには、コマンドプロンプトを開き、示されている例と同じオプションを指定して%ProgramFiles(x86)%\Citrix\ICA Client\redirector.exeを実行します。

注:

登録コマンドを使用すると、ChromeおよびEdgeブラウザーは、最初の起動時にCitrix Browser Redirection Extensionを有効にするようにユーザーに促します。ブラウザー拡張機能は、Google Chromeウェブストアから手動でインストールすることもできます。

Citrix VDAからクライアントへのワイルドカードリダイレクト

コンテンツの双方向リダイレクトでは、リダイレクトされるURLを定義するときにワイルドカードを使用できます。コンテンツの双方向リダイレクトを構成するには、「構成」手順を参照してください。

Citrix Studioで、[クライアントへのリダイレクトを許可するURL] にワイルドカードURLを設定します。アスタリスク(*)はワイルドカード文字です。

注:

  • クライアントポリシーで、[クライアントへのリダイレクトを許可するURL] を設定しないでください。リダイレクトの無限ループを回避するために、サイトが [クライアントへのリダイレクトを許可するURL] を設定していることを確認してください。
  • 最上位ドメインはサポートされていません。たとえば、https://www.citrix.*またはhttp://www.citrix.co*はリダイレクトされません。

VDAからクライアントへのカスタムプロトコルリダイレクト

コンテンツの双方向リダイレクトは、Citrix VDAからクライアントへのカスタムプロトコルのリダイレクトをサポートします。HTTPまたはHTTPS以外のプロトコルがサポートされています。コンテンツの双方向リダイレクトを構成するには、「構成」手順を参照してください。

Citrix Studioで、[クライアントへのリダイレクトを許可するURL] にカスタムプロトコルを設定します。

注:

  • クライアントには、プロトコルを処理するためのアプリケーションが登録されている必要があります。登録されていない場合、URLはクライアントにリダイレクトされ、起動に失敗します。
  • ChromeおよびEdgeブラウザーで入力または起動するカスタムプロトコルURLはサポートされておらず、リダイレクトは機能しません。
  • 次のプロトコルはサポートされていません:rtsp://, rtspu://, pnm://, mms://

そのほかの考慮事項

  • ブラウザーの要件と構成は、リダイレクトを開始するブラウザーにのみ適用されます。リダイレクトが成功した後にURLが開く宛先ブラウザーは、サポートの対象とは見なされません。URLをVDAからクライアントにリダイレクトする場合、サポートされているブラウザー構成はVDAでのみ必要です。逆に、URLをクライアントからVDAにリダイレクトする場合、サポートされているブラウザー構成はクライアントでのみ必要です。リダイレクトされたURLは、方向に応じて、クライアントまたはVDAのいずれかの宛先マシン上で構成されたデフォルトのブラウザーに渡されます。VDAとクライアントで同じブラウザーの種類を使用する必要はありません。
  • リダイレクトルールがループした構成になっていないことを確認してください。たとえば、VDAポリシーがhttps://www.citrix.comをリダイレクトするように設定され、クライアントポリシーが同じURLをリダイレクトするように設定されていると、無限ループが発生します。
  • HTTP/HTTPSプロトコルURLのみがサポートされています。URLの短縮はサポートされていません。
  • クライアントからVDAにリダイレクトするには、Windowsクライアントを管理者権限でインストールする必要があります。
  • 宛先ブラウザーが既に開いている場合は、リダイレクトされたURLが新しいタブで開きます。それ以外の場合、URLは新しいブラウザーウィンドウで開きます。
  • ローカルアプリアクセス(LAA)が有効になっている場合、コンテンツの双方向リダイレクトは機能しません。
コンテンツの双方向リダイレクト