検証済みアクセスデバイスポリシー

Chrome OSデバイスで、管理者は検証済みアクセスを有効にすることができます。検証済みアクセスを有効にすると、未変更かつポリシーに準拠しているデバイス以外はネットワークにアクセスできません。検証済みアクセスについて詳しくは、 「Enable Verified Access with Chrome devices」(英語のみ)を参照してください。

検証済みアクセスポリシーは、以下のプラットフォーム向けに構成できます。プラットフォームごとに必要な値が異なります。これらの値について詳しくは、この記事で説明しています。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

Chrome OSの設定

検証済みアクセス画面の画像

  • ユーザー検証済みアクセス
    • ユーザー検証済みアクセスを有効にする: 有効な場合、ユーザーがネットワークにアクセスするためには検証済みアクセス要件に準拠している必要があります。G Suite Chromeの構成が必要です。デフォルトは [オン] です。
    • アクセス制御 - 完全なアクセス権限があるアカウント: 検証済みアクセスAPIを呼び出してデバイスIDを受信できるユーザー一覧。G Suite Chromeの構成が必要です。
    • アクセス制御 - アクセスが制限されたアカウント: 検証済みアクセスAPIを呼び出すことはできるが、デバイスIDを受信できないユーザー一覧。G Suite Chromeの構成が必要です。
  • デバイス検証済みアクセス
    • デバイス検証済みアクセスを有効にする: 有効な場合、デバイスがネットワークにアクセスするためには検証済みアクセス要件に準拠している必要があります。G Suite Chromeの構成が必要です。デフォルトは [オン] です。
    • コンテンツ保護を有効にする: 有効な場合、デバイスが保護されたコンテンツを再生できます。G Suite Chromeの構成が必要です。デフォルトは [オン] です。
    • アクセス制御 - 完全なアクセス権限があるアカウント: 検証済みアクセスAPIを呼び出してデバイスIDを受信できるデバイス一覧。G Suite Chromeの構成が必要です。
    • アクセス制御 - アクセスが制限されたアカウント: 検証済みアクセスAPIを呼び出してデバイスIDを受信できるデバイス一覧。G Suite Chromeの構成が必要です。

検証済みアクセスデバイスポリシー

In this article