Azure での Citrix Cloud Gateway Connector の可用性

企業のデータセンターでホストされるアプリケーションは、Citrix Cloud Gateway Connectorを使用して安全にアクセスされ、クラウドに接続されます。Citrix Cloud Gateway Connectorは、企業のデータセンター内でホストされているCitrix ADCアプライアンスに基づく仮想マシンです。Citrix Cloud Gateway Connectorは、安全な接続を作成し、Citrix Cloud サービスに登録して安全なトンネルを形成します。Citrix Cloud Gateway Connectorは、お客様が購入して展開できるようにパブリッククラウドでホストされています。

Azure でのGateway Connectorのデプロイ

Azure でのGateway Connectorのデプロイに関する高レベルの手順は次のとおりです。

  1. Azure ストレージに VHD をアップロードする
  2. イメージを作成する
  3. 仮想マシンを作成します。

固定サイズの VHD イメージがコネクタのイメージとして使用されます。これらのイメージは、通常のビルドアーティファクトで公開されます。HyperV イメージから VHD を作成する手順は、次のとおりです。

  1. HyperV zip ファイルコネクタ-Hyperv-.zip を展開して、ダイナミック.vhd ファイルを作業フォルダーにコピーします。

  2. 次の Azure CLI コマンドを実行します。

    • Convert-VHD -Path C:\Users\Administrator\Downloads\Dynamic.vhd -DestinationPath C:\Users\Administrator\Downloads\Fixed.vhd -VHDType >Fixed
    • Resize-VHD -Path C:\Users\Administrator\Downloads\Fixed.vhd -SizeBytes 20481 MB この手順は、生成された VHD が整数サイズを超えない場合に必要です。

Azure ストレージに VHD をアップロードする

  1. ストレージアカウントを作成します。既にストレージアカウントがある場合は、左側のウィンドウの [ BLOB サービス] で [ コンテナ] をクリックします。

    Azure BLOB コンテナーページ

  2. コンテナを作成するか、既存のコンテナをクリックします。

    Azure コンテナページ

  3. [コンテナ] ページで、[ アップロード] をクリックします。

    コンテナをアップロード

  4. アップロードフォームを使用して VHD をアップロードします。

    コンテナフォームのアップロード

イメージを作成する

  1. [ Azure] > [イメージ ] に移動し、[ 追加] をクリックします。

    VHD から画像を作成する

  2. アップロードした VHD を使用して画像を作成します。

    イメージの作成の詳細を完了します

仮想マシンの作成

  1. 前の手順で作成したイメージに移動し、[ Create VM] をクリックします。2 つの vCPU と最小 4 GB の RAM を持つサイズを選択します。

    仮想マシンの作成

    注: デフォルトの OS ディスクは Premium SSD で、必要な最小ストレージは 20 GB です。

    最小ストレージの詳細

  2. 仮想マシンを作成したら、 **ネットワークと受信ポートの規則を更新して** 、ポート 22 と 8443 を許可します。管理 UI には、<https://<ip>:8443>でアクセスできます。
  3. デフォルトのコネクタ資格情報でログオンし、登録を完了します。
Azure での Citrix Cloud Gateway Connector の可用性