Workdayの構成

Citrix Gateway SaaSアプリケーション

ユーザーは、エンタープライズ資格情報を使用して Workday に安全にログオンできます。

SAMLを使用してSSOのWorkday を構成するには、次の手順に従います。

  1. 管理者として Workday にログオンします。
  2. [ テナント設定の編集-セキュリティ ] に移動し、[ テナント設定の編集] をクリックします。

    テナント設定の編集

  3. [ シングルサインオン] をクリックします。

    シングルサインオンをクリックします

  4. リダイレクト URL テーブルのプラスアイコンをクリックします。
  5. ログインリダイレクトURLに、URLを「https://impl.workday.com/<customer>/login-saml2.flex」の形式で入力します。
  6. [ SAML 認証を有効にする] をクリックします。

    SAML 認証を有効にする

  7. [SAML ID プロバイダー] の下のプラス (+) アイコンをクリックして行を追加し、次の情報を指定します。
    1. IDプロバイダ名 :Citrix Gatewayと入力します。
    2. 発行者 -一意の発行者名を入力します。
  8. [ x509 証明書] で、[X509 証明書] アイコンをクリックし、[ x509 公開キーの作成] をクリックします。
  9. Citrix Cloudウィザード([CitrixGatewayサービス]>[Web/SaaSアプリケーションの追加]>[シングルサインオン]>[証明書])から証明書をダウンロードします

    証明書の作成

  10. 証明書のテキストを ——BEGIN Certificate—— から ——ENDCertificate にコピーし、証明書を [Certificate] フィールドに貼り付けます。
  11. [OK] をクリックします。
Workdayの構成