Unified Gateway Visualizer

概要

Unified Gateway Visualizerは、Unified Gatewayウィザードを使用して構成を視覚的に表現します。Unified Gateway Visualizerは、構成の追加と編集、およびバックエンドの問題の診断に使用されます。

Unified Gateway Visualizerには、次の情報が表示されます。 |構成|構成| |—|–| |事前認証ポリシー|認証ポリシー| |CS仮想サーバ|VPN 仮想サーバー| |LB 仮想サーバ|XA/XD アプリケーション| |ウェブアプリケーション|SaaSアプリ|

Unified Gateway の導入により、エンタープライズアプリケーションまたはSaaSアプリケーション、クライアントレスアクセスアプリケーション、Citrix Virtual Apps、およびデスクトップリソースへの1つのURLを介してセキュアなリモートアクセスが可能になります。

Unified Gateway の設定

  1. メニューから [Unified Gateway] を選択します。

ローカライズされた画像

2. 次の画面で、次の情報があることを確認し、[ Get Started] をクリックします。

- Unified Gateway のパブリック IP アドレス。
- オプションのルートCA証明書を持つサーバー証明書チェーン(.PFXまたは.PEM)。
-  LDAP/RADIUS/クライアント証明書ベースの認証の詳細。
-  アプリケーションの詳細(SaasアプリケーションまたはCitrix Virtual Apps and Desktops サーバーの詳細のURL)。

ローカライズされた画像

3. [ 続行 ] ボタンをクリックします。

ローカライズされた画像

Unified Gateway 構成の仮想サーバを作成します。

  1. 仮想サーバの構成 を入力します。
  2. Unified Gateway配置のパブリック方向の Unified Gateway IP アドレスを入力します
  3. ポート番号 を入力します。ポート番号の範囲は 1 ~ 65535 です。
  4. [続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

サーバー証明書を指定するには、次の情報を入力します。

1. [ 既存の証明書を使用する ] または [ 証明書のインストール] ラジオボタンを選択します。 2. ドロップダウンメニューから サーバー証明書 を選択します。 3. [ 続行 ] ボタンをクリックします。

ローカライズされた画像

認証を指定するには、次の情報を入力します。

1. プルダウンメニューから [ プライマリ認証方法 ] を選択します。 2. [ 既存のサーバーを使用する] または [新しいサーバーの追加] ラジオボタンを選択します。 3. [ 続行 ] ボタンをクリックします。

ローカライズされた画像

  1. プルダウン・メニューから「 ポータル・テーマ 」を選択します。
  2. [続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

  1. Webアプリケーション 」または「 Citrix Virtual Apps デスクトップ 」ラジオボタンを選択します。
  2. [続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

Webアプリケーションを指定するには、次の情報を入力します。

  1. ブックマークのリンクの名前を入力します。
  2. VPN URL が表すアプリケーションのタイプを選択します。指定できる値は次のとおりです。

    • イントラネットアプリケーション
    • クライアントレス アクセス
    • SaaS
    • このCitrix ADC上で事前に構成されたアプリケーション
  3. このチェックボックスをオンにすると、このアプリケーションに Unified Gateway URL からアクセスできるようになります。
  4. ブックマークリンクの URL を入力します。
  5. アイコン URL から、アイコンファイルを取得するファイルを選択します。最大長は 255 です。
  6. [続行] ボタンをクリックします。

ローカライズされた画像

  1. [完了] をクリックします。

ローカライズされた画像

  1. [続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

  1. [完了] をクリックします。

ローカライズされた画像

GUI の設定

  1. メニューから [Unified Gateway] を選択します。

ローカライズされた画像

  1. [Unified Gateway ビジュアライザー] アイコンをクリックして、構成済みの Gatewayインスタンスにアクセスします。

ローカライズされた画像

Unified Gateway のビジュアライザーは、次の図のようになります。

ローカライズされた画像

Unified Gateway ビジュアライザーには、事前認証、認証、およびアプリのセクションがあります。vpn 仮想サーバに事前認証ポリシーが設定されている場合は、Unified Gateway ビジュアライザに事前認証が表示されます。

ローカライズされた画像

Unified Gateway ビジュアライザーは、ロードバランシングと VPN 仮想サーバーの状態を示すために色分けスキームを使用します。

色彩の色 説明
サーバーがダウンしていることを意味します。
グレー webapps/Citrix Virtual Appsが設定されていないことを意味します。
仮想サーバーですべてが問題ないことを意味します。
オレンジ 負荷分散仮想サーバーサービスの1つを意味します。ダウンしていますが、それでも正常に機能しています。

VPN 仮想サーバの詳細

vpn 仮想サーバの詳細を取得するには、[vpn 仮想サーバ] ノードをクリックします。ポップアップには、C/S ルールやすべてのポリシーなどの詳細が表示されます。

  1. (+)アイコンをクリックして、vpn エンティティにポリシーを追加します。

ローカライズされた画像

デフォルトでは、次のポリシーがバインドされています。

  1. 構成済みのポリシーの詳細を表示するには、目的のノードをクリックします。

ローカライズされた画像

VPN 仮想サーバー情報の場合、ポップアップの VPN タイトルは、VPN 仮想サーバーの詳細を示すスライダーに移動するクリック可能なエンティティです。

ローカライズされた画像

VPN サーバーの詳細をここに示します。

ローカライズされた画像

事前認証ブロック

vpn 仮想サーバに、事前認証ポリシーが関連付けられている場合、Unified Gateway ビジュアライザには PreAuth ブロックが表示されます。[Pre Auth] ブロックはポリシーを表示し、認証前ポリシーを vpn に追加するオプションを提供します。

  1. [ + ] をクリックして、事前認証ポリシーを追加します。

ローカライズされた画像

事前認証ポリシーが付けられていない場合、このブロックはビューに表示されません。

認証ブロック

Auth ブロックには、プライマリポリシーとセカンダリポリシーが一覧表示されます。Auth ブロックには、ポリシーを追加するためのオプションがあります。

  1. [プライマリ] ボックスの一覧の [ + ] をクリックしてプライマリ認証バインドを追加するか、[セカンダリ] ボックスの一覧の [+] をクリックしてセカンダリ認証バインドを追加します。

ローカライズされた画像

1. [ プライマリ認証方法 ] ドロップダウンメニューからオプションを選択します。これは必須フィールドです。 2. ラジオボタンを選択して、 既存のサーバー を使用するか、 新しいサーバーを追加 するかを指定します。 3. [ LDAP ポリシー名] ドロップダウンメニューからオプションを選択します。これは必須フィールドです。 4. [ セカンダリ認証方法 ] ドロップダウンメニューからオプションを選択します。これは必須フィールドです。

  1. ラジオボタンを選択して、 既存のサーバー を使用するか、 新しいサーバーを追加 するかを指定します。
  2. [ RADIUS ] ドロップダウンメニューからオプションを選択します。これは必須フィールドです。
  3. [続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

StoreFrontの追加

XA/XDの近くにある [ + ] をクリックすると、「XA/XD」アプリが追加されます。

ローカライズされた画像

統合ポイントを選択できます。オプションは、StoreFront、WI、またはWionNSです。[続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

  1. StoreFront を構成するには、以下のフィールドに入力します。

|フィールド|説明| |–|—| |StoreFront FQDN|StoreFront サーバーのFQDNを入力します。最大長:255文字。
例://storefront.xendt.net| |サイトパス|StoreFront で既に構成されているReceiver for Webサイトへのパスを入力します。| |シングル・サインオン・ドメイン|ユーザー認証のデフォルトドメインを入力してください| |ストア名|STOREFRONT モニタの名前を入力します。 STORENAMEは、StoreFrontサーバーの正常性を調べるためにStoreFront サービスストア名を定義する引数です。ストオーフロントモニターに適用できます。最大長:31| | Secure Ticket Authorityサーバー|Secure Ticket Authority URL を入力します。これは通常、配信Controller 上に存在します。 例:http://sta| |StoreFrontサーバー|StoreFront サーバーのIPアドレスを入力| |プロトコル|サーバーで使用されるプロトコルを入力します。 | |ポート|サーバーが使用するポートを入力します。 | |負荷分散|StoreFront サーバーの負荷分散構成を入力します。 | |仮想サーバー*| Unified Gateway 展開のパブリック IP アドレスを入力します。 |

2. [ 続行] をクリックします。

ローカライズされた画像

SaaS の追加

  1. [ + ] をクリックして SaaS アプリを追加すると、[SaaS の追加] ページに移動します。SaaS を設定するには、次のフィールドに入力します。必須の情報が必要なフィールドには、* が付きます。
フィールド 説明
名前* ブックマークのリンクの名前を入力します。
アプリケーションの種類 この VPN URL が表すアプリケーションのタイプを入力します。可能な値は次のとおりです。このCitrix ADC上のイントラネットアプリケーション/クライアントレスアクセス/SaaS/事前構成されたアプリケーション
URLを入力* イントラネットアプリケーションの URL を入力します。
ファイルの選択 このリソースを表示するためのアイコンファイルを取得する URL を入力してください。MaxLength = 255

Webアプリケーションの追加

  1. [ + ] をクリックして Web アプリを追加すると、[Web アプリの追加] ページに移動します。次のフィールドに入力して、Webアプリケーションを構成します。必須の情報が必要なフィールドには、* が付きます。
フィールド 説明
名前* ブックマークのリンクの名前を入力します。
アプリケーションの種類 この VPN URL が表すアプリケーションのタイプを入力します。可能な値は次のとおりです。このCitrix ADC上のイントラネットアプリケーション/クライアントレスアクセス/SaaS/事前構成されたアプリケーション
URLを入力* イントラネットアプリケーションの URL を入力します。
ファイルの選択 このリソースを表示するためのアイコンファイルを取得する URL を入力してください。MaxLength = 255

Unified Gateway の URL からアプリケーションにアクセスできる場合は、アプリケーションをクリックして、ロードバランシングサーバーの詳細にアクセスできます。

ローカライズされた画像

(+)をクリックして新しいポリシーを追加できます。ポリシー情報を表示するノードをクリックすると、バインドされたすべてのポリシーを表示できます。

LB にバインドされたサービスの数と、全体的な状態情報も表示されます。さらにクリックすると、すべてのサービスが一覧表示されます。LB に新しいサービスを追加できます。

LB の詳細については、ポップアップのタイトルはクリック可能で、LB 仮想サーバーの詳細ページに表示されます。