多要素認証の設定

Citrix Gateway では、次の2種類の多要素認証を構成できます。

  • 認証の優先度レベルを設定するカスケード認証
  • 2 つの種類の認証を使用してユーザーがログオンする必要がある 2 要素認証

複数の認証サーバがある場合は、認証ポリシーのプライオリティを設定できます。設定した優先度レベルによって、認証サーバーがユーザーの資格情報を検証する順序が決まります。プライオリティ番号が小さいポリシーは、番号の大きいポリシーよりも優先されます。

2 つの異なる認証サーバに対してユーザを認証させることができます。たとえば、LDAP 認証ポリシーと RSA 認証ポリシーを設定できます。ユーザーがログオンすると、最初にユーザー名とパスワードで認証されます。次に、個人識別番号 (PIN) と RSA トークンからのコードで認証します。

多要素認証の設定