シングル・サインオンの認証タイプの選択

Citrix Gateway でシングルサインオンと2要素認証を構成している場合は、シングルサインオンに使用するパスワードを選択できます。たとえば、LDAP がプライマリ認証タイプとして設定され、RADIUS がセカンダリ認証タイプとして設定されているとします。ユーザーがシングルサインオンを必要とするリソースにアクセスすると、デフォルトでユーザー名とプライマリパスワードが送信されます。セッションプロファイル内の Web アプリケーションへのシングルサインオンに使用するパスワードを設定します。

シングルサインオンの認証を構成するには

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[プロファイル] タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • 新しいプロファイルを作成するには、[追加] をクリックします。
    • 既存のプロファイルを修正するには、[開く] をクリックします。
  3. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[資格情報インデックス] の横にある [グローバルに上書き] をクリックし、[プライマリ] または [セカンダリ] を選択します。
  4. これが新しいプロファイルの場合は、[作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  5. 既存のプロファイルを修正する場合は、[OK] をクリックします。

シングル・サインオンの認証タイプの選択