Windows でのシングルサインオンの設定

ユーザーは、デスクトップからCitrix Gateway プラグインを起動して接続を開きます。ユーザーがWindowsにログオンしたときにCitrix Gateway プラグインが自動的に起動するように指定するには、シングルサインオンを有効にします。シングルサインオンを構成すると、ユーザーのWindowsログオン資格情報がCitrix Gateway に渡され、認証が行われます。Citrix Gateway プラグインのシングルサインオンを有効にすると、インストールスクリプトや自動ドライブマッピングなどのユーザーデバイスでの操作が容易になります。

ユーザーデバイスが組織のドメインにログオンしている場合にのみ、シングルサインオンを有効にします。シングルサインオンが有効で、ドメインにないデバイスからユーザーが接続している場合、ユーザーはログオンするように求められます。

シングルサインオンを Windows でグローバルに構成するか、セッションポリシーにアタッチされたセッションプロファイルを使用して構成します。

Windows でシングルサインオンをグローバルに設定するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで Citrix Gateway を展開し、[グローバル設定]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[設定] の [グローバル設定の変更] をクリックします。
  3. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[Windows でのシングルサインオン] をクリックし、[OK] をクリックします。

セッションポリシーを使用して Windows でシングルサインオンを構成するには

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [新規] をクリックします。
  5. [名前] に、プロファイルの名前を入力します。
  6. [クライアントエクスペリエンス] タブで、[Windows でのシングルサインオン] の横にある [グローバルに上書き]、[Windows でのシングルサインオン]、[OK] の順にクリックします。
  7. [セッションポリシーの作成] ダイアログボックスで、[名前付き式] の横にある [全般]、[True value]、[式の追加]、[作成]、[閉じる] の順にクリックします。