認証ポリシーのバインド

認証ポリシーを設定したら、ポリシーをグローバルにバインドするか、仮想サーバにバインドします。いずれかの設定ユーティリティーを使用して、認証ポリシーをバインドできます。

構成ユーティリティを使用して認証ポリシーをグローバルにバインドするには、次の手順を実行します。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. 認証タイプをクリックします。
  3. 詳細ウィンドウの [ポリシー] タブで、サーバーをクリックし、[操作] で [グローバルバインド] をクリックします。
  4. [プライマリ] タブまたは [セカンダリ] タブの [詳細] で、[ポリシーの挿入] をクリックします。
  5. [ポリシー名] でポリシーを選択し、[OK] をクリックします。

    注: ポリシーを選択すると、Citrix Gateway によって式がTrueの値に自動的に設定されます。

構成ユーティリティを使用してグローバル認証ポリシーをバインド解除するには、次の手順を実行します。

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. [ポリシー] タブの [操作] で、[グローバルバインド] をクリックします。
  3. [認証ポリシーをグローバルにバインド/バインド解除] ダイアログボックスの [プライマリ] タブまたは [セカンダリ] タブの [ポリシー名] でポリシーを選択し、[ポリシーのバインド解除] をクリックして、[OK] をクリックします。

認証ポリシーのバインド