認証ポリシーの優先順位の設定

デフォルトでは、認証ポリシーは、最初に仮想サーバにバインドしたポリシーに対して検証され、次にグローバルにバインドされたポリシーに対して検証されます。認証ポリシーをグローバルにバインドし、仮想サーバにバインドするポリシーよりもグローバルポリシーを優先させる場合は、ポリシーのプライオリティ番号を変更できます。プライオリティ番号はゼロから始まります。プライオリティ番号が小さいほど、認証ポリシーの優先順位が高くなります。

たとえば、グローバルポリシーのプライオリティ番号が 1 で、仮想サーバのプライオリティが 2 の場合、グローバル認証ポリシーが最初に適用されます。

グローバル認証ポリシーの優先順位を設定または変更するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]>[認証]の順に展開します。
  2. [ポリシー] タブの [操作] で、[グローバルバインド] をクリックします。
  3. [認証グローバルポリシーのバインド/バインド解除] ダイアログボックスの [プライマリ] タブまたは [セカンダリ] タブで、[優先度] に番号を入力し、[OK] をクリックします。

仮想サーバにバインドされた認証ポリシーの優先順位を変更するには

仮想サーバーにバインドされている認証ポリシーを変更することもできます。

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway] を展開し、[仮想サーバー] をクリックします。
  2. 仮想サーバを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [認証] タブをクリックし、[プライマリ] または [セカンダリ] を選択します。
  4. ポリシーを選択し、[優先度] に優先度の番号を入力し、[OK] をクリックします。