クラスタリングの構成

Citrix Gateway クラスタリングを設定する主なタスクは次のとおりです。

  1. 構成コーディネーターにするCitrix Gateway アプライアンスまたはVMを決定し、そのシステムにクラスターインスタンスを作成します(クラスターインスタンスが存在しない場合)。
  2. Citrix Gateway システムをノードとしてクラスターに参加させます。
  3. STICKY オプションを設定して、クラスタインスタンスにノードグループを作成します。
  4. 1 つのクラスタノードをクラスタノードグループにバインドします。
  5. 構成コーディネーターでCitrix Gateway 仮想サーバーを構成し、クラスターノードグループにバインドします。

Citrix ADCクラスターを構成するには、複数の方法があります。次の一連のタスクでは、構成ユーティリティで使用できる最も直接的な方法を使用します。

構成ユーティリティを使用してCitrix Gateway クラスターインスタンスを作成するには

展開の詳細をすべて整理したら、構成コーディネーターとなるCitrix Gateway で構成を開始します。

注意:クラスターインスタンスを作成すると、設定がクリアされます。参照用に既存のシステム構成を保存する必要がある場合は、クラスタ構成を続行する前にコピーをアーカイブします。クラスターで使用する既存の設定は、クラスターが確立された後、構成コーディネーターで再適用できます。

  1. NSIPアドレスでCitrix ADC構成ユーティリティにログオンします。
  2. [システム] ノードを展開し、[クラスタ] サブノードを展開します。
  3. 詳細ウィンドウで、[クラスターの管理] をクリックします。
  4. [クラスタ構成] ダイアログボックスで、クラスタの作成に必要なパラメータを設定します。
    1. クラスタインスタンス ID を入力します。これは、クラスターインスタンスの数値識別子です。デフォルト値は 1 ですが、1 ~ 16 の任意の数値に設定できます。
    2. クラスタ IP アドレスを入力します。これは、クラスターの構成コーディネーター IP アドレスです。これは、クラスターの管理 IP アドレスです。
    3. 優先するバックプレーンインターフェイスを選択します。これは、クラスターノード間の通信に使用するCitrix Gateway インターフェイスです。
  5. [作成] をクリックします。
  6. システムの再起動を確認するプロンプトで、[Yes] をクリックします。
  7. ノードが UP 状態になり、同期が成功したら、クラスタ IP アドレスから、ノードとクラスタ IP アドレスの両方の RPC 資格情報を変更します。RPC ノードパスワードの変更の詳細については、RPC ノードのパスワードを変更するを参照してください。
  8. システムが再起動するまで待ちます。使用可能になったら、手順 4 (2) で構成したクラスタ IP アドレスで構成ユーティリティにログオンします。

注: [System Information] 詳細ペインで、NSIP アドレスのローカルノードが構成コーディネータとして報告されます。これにより、基本クラスタインスタンスが現在動作していることが確認されます。

構成コーディネータのローカルノードが自動的にクラスタに追加されます。次のタスクでは、さらにノードを追加できます。

Citrix Gateway クラスターへのノードの追加

クラスターインスタンスが確立されたら、他のCitrix Gateway ノードをクラスターに追加できます。

クラスターにさらにCitrix Gateway システムを追加するには、構成ユーティリティーを使用して、クラスターノード作成およびクラスター結合の設定をリモートで発行します。

注:クラスターへのノードの追加は、Citrix Gateway のセットアップを構成する前に完了する必要があります。この方法では、クラスター構成に何か問題があり、クラスターを削除して再度開始する場合は、Citrix Gateway 構成を繰り返す必要はありません。

  1. クラスタIPアドレスでCitrix ADC構成ユーティリティにログオンします。
  2. [システム] ノードを展開し、[クラスタ] サブノードを展開します。
  3. 詳細ウィンドウで、[クラスターの管理] をクリックします。
  4. [クラスターノード] の詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  5. [クラスタノードの作成] ペインで、このノードの一意のノード ID を入力します。
  6. クラスタノードとして追加するシステムの Citrix ADC IP アドレスを入力します。
  7. クラスターノードの資格情報ペインで、リモートCitrix Gateway システムのCitrix Gatewayユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [構成コーディネーターの資格情報] ウィンドウで、ローカルで承認されたユーザーのパスワードを入力します。
  9. [作成] をクリックします。
  10. プロンプトが表示されたら、[はい] をクリックしてシステム構成を保存し、リモートCitrix Gateway のウォームリブートを実行します。
  11. ノードが UP 状態になり、同期が成功したら、クラスタ IP アドレスから、ノードとクラスタ IP アドレスの両方の RPC 資格情報を変更します。RPC ノードパスワードの変更の詳細については、RPC ノードのパスワードを変更するを参照してください。

クラスターノードとして構成する追加のリモートCitrix Gateway システムごとに、手順4~11を繰り返します。

クラスタノードが [クラスタノード] 詳細ペインの [アクティブノードリスト] に含まれていることを確認します。欠落しているノードがある場合は、必要なノードがすべて一覧表示されるまで、手順 4 ~ 10 を繰り返します。

クラスタノードグループの作成

クラスタノードを追加したら、クラスタノードグループを作成できます。

  1. クラスタIPアドレスでCitrix ADC構成ユーティリティにログオンします。
  2. [システム] ノードを展開し、[クラスタ] サブノードを展開します。
  3. [ノードグループ] をクリックします。
  4. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  5. クラスタノードグループの名前を入力します。
  6. [スティッキー] オプションを選択します。これは、Citrix Gateway 仮想サーバーの種類をサポートするために必要です。
  7. [続行] をクリックします。

これで、クラスタノードグループが確立されます。構成ユーティリティーのこの領域を離れる前に、ローカルのCitrix Gateway ノードを新しいクラスターノードグループにバインドできます。これは、クラスタグループにバインドされている唯一のノードです。

ローカルクラスタノードをクラスタノードグループにバインドする

Citrix Gateway クラスター構成はスポットの種類であるため、ノードグループにバインドできるノードは1つだけです。次の手順では、構成コーディネーター上のローカルノードをノードグループにバインドしますが、このバインドにはクラスター内の任意のノードを使用できます。

  1. [詳細設定] ウィンドウで、[クラスターノード] を展開します。
  2. 中央の [クラスタノード] ペインで、[クラスタノードなし] を選択します。
  3. クラスタノードの構成画面で、[バインド] をクリックします。
  4. このCitrix Gateway システムのNSIPアドレスで表されるローカルノードを選択します。
  5. [Insert]をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。

クラスターが作成され、以下のタスクによって構成されたCitrix Gateway 仮想サーバーを共有する準備が整いました。

クラスターノードグループへのCitrix Gateway 仮想サーバーのバインド

クラスターを確立したら、クラスター展開の目的とするCitrix Gateway 構成を構築できます。構成をクラスタに結び付けるには、Citrix Gateway 仮想サーバーを作成し、Stickyタイプに設定されているクラスタノードグループにバインドする必要があります。仮想サーバーをクラスターノードグループにバインドした後で、引き続きCitrix Gateway を構成できます。

複数のCitrix Gateway 仮想サーバーを構成する場合は、それらをクラスターノードグループにもバインドする必要があります。

注: Citrix Gateway 仮想サーバーを構成していない場合は、まず、[ システム]>[設定]>[基本機能の構成]で、Citrix Gatewayと認証、承認、監査機能を有効にする必要があります。

  1. クラスタIPアドレスでCitrix ADC構成ユーティリティにログオンします。
  2. [システム] ノードを展開し、[クラスタ] サブノードを展開します。
  3. [ノードグループ] をクリックします。
  4. [Node Group] ペインで、目的のノードグループ名を選択し、[Edit] をクリックします。
  5. 右側の [詳細設定] ペインで、[仮想サーバー] オプションを展開し、[+] アイコンをクリックして仮想サーバーを追加します。
  6. VPN 仮想サーバーの種類を選択し、[続行] をクリックします。
  7. [バインド] をクリックします。
  8. 必要な仮想サーバーが表示されている場合は、その仮想サーバーを選択して [挿入] をクリックし、[OK] をクリックします。
  9. 新しい仮想サーバーを作成する必要がある場合は、[追加] をクリックします。Citrix ADC仮想サーバーの構成に進みます。最低限必要なのは、仮想サーバをクラスタ・ノード・グループにバインドできるように作成することだけです。
  10. Citrix Gateway 仮想サーバー]リストで仮想サーバーが使用可能になったら、その仮想サーバーを選択して[挿入]をクリックします。
  11. [OK] をクリックします。
  12. [完了] をクリックします。

注:複数のCitrix Gateway 仮想サーバーを構成する場合、これらも同じ方法でクラスターノードグループにバインドする必要があります。