CloudBridge によるネットワークトラフィックの最適化

ユーザーがCitrix Gateway プラグインを使用してログオンする場合、CloudBridgeプラグインを使用して接続を最適化できます。このプラグインは、CloudBridgeからユーザーデバイスにインストールされます。CloudBridgeプラグインを使用して接続が最適化されると、ネットワークトラフィックはCitrix Gateway を介して圧縮され、高速化されます。接続でCloudBridgeを有効にすると、Citrix Gateway のTCP圧縮ポリシーが無効になります。

CloudBridgeプラグインがデプロイされ、Citrix Gateway プラグインと連動します。

Citrix Gateway は、リピータープラグインのバージョン5.5および6.1と、CloudBridgeプラグインのバージョン6.2および7.0をサポートしています。

CloudBridgeの最適化とフロー制御は、動的なコンテンツ変更を必要とするCitrix Gateway の最適化機能よりも優先されます。HTTPトラフィックに対してCloudBridge最適化が有効になっている場合、次のCitrix Gateway 機能は使用できません。

  • Webアプリケーションへのシングル・サインオン
  • ファイルタイプの関連付け
  • ウェブ認証

Web アプリケーションへのシングルサインオンを許可するには、HTTP でアクセラレーションを無効にします。これを行うには、コマンドラインを使用します。Citrix Gateway シリアルコンソールにログオンし、コマンドプロンプトで次のように入力します。

add vpn trafficAction ssoact http -SSO ON

Citrix Gateway で設定されたHTTPポート宛てのネットワークトラフィックは、CloudBridgeの最適化から自動的に除外されます。これがデフォルトの設定です。HTTP ポートで CloudBridge 最適化のトラフィックポリシーを設定すると、トラフィックポリシーが適用され、ネットワークトラフィックは CloudBridge によって最適化されます。ただし、Citrix Gateway の最適化機能は、そのポリシーの影響を受けるすべてのトラフィックに対して無効になります。CloudBridgeは、他のCitrix Gateway 機能に影響を与えることなく、非HTTPポート宛てのネットワークトラフィックを高速化できます。

トラフィックポリシーを使用して、CloudBridge プラグインを使用するようにユーザー接続を設定します。その後、ポリシーをユーザー、グループ、仮想サーバー、またはグローバルにバインドできます。ポリシーは、ポリシーをバインドする場所に基づいて、またはポリシーに付与された優先順位番号に基づいて優先順位付けされます。

トラフィックポリシーを作成するには

  1. 構成ユーティリティの[構成]タブのナビゲーションペインで[Citrix Gatewayポリシー]を展開し、[トラフィック]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[ 追加] をクリックします。
  3. [ 名前] に、ポリシーの名前を入力します。
  4. [プロファイルの要求] の横にある [ 新規] をクリックします。
  5. [ 名前]に、プロファイルの名前を入力します。
  6. [ ブランチリピーター] で [ オン] を選択し、[ 作成] をクリックします。
  7. [ トラフィックポリシーの作成 ] ダイアログボックスの [式の 追加 ] の横で、CloudBridge アクセラレーションを有効にするトラフィックタイプを表す式を選択または入力します。[式の 追加 ] をクリックし、[ 作成 ] をクリックして、[ 閉じる ] をクリックします。

式を追加するときは、CloudBridge が高速化するように設定されているのと同じ IP アドレスとポート範囲を使用するネットワーク式を選択します。CloudBridgeアクセラレーションを実行するには、Citrix Gateway で設定されたトラフィックの種類が、CloudBridgeで設定されたサービスクラスポリシーと一致している必要があります。

すべての TCP トラフィックは、CloudBridge アクセラレーションの恩恵を受けています。シングルサインオンの使用を計画している場合は、アクセラレーションによってシングルサインオンが無効になるため、HTTP トラフィックを加速しないでください。

CloudBridge によるネットワークトラフィックの最適化