HDX対応のデータ転送サポート

Citrix GatewayのEnlightened Data Transport(EDT)のサポートにより、Citrix Workspace アプリを実行しているユーザーに対して、仮想デスクトップの高精細なインセッションユーザーエクスペリエンスが保証されます。

また、Citrix Workspace アプリとVDA間のEDT終了のためのDTLS 1.0によるエンドツーエンドの暗号化も容易になります。DTLS 設定の詳細については、DTLSv1.0 プロトコルのサポートをクリックしてください。

EDT対応のCitrix Gateway は、LANとWANの両方の条件で優れたユーザーエクスペリエンスを提供し、一方から他方へのローミング時に管理やユーザー構成を行いません。この利点は、中程度のパケット損失を伴う高遅延ネットワークで最も顕著であり、ユーザーエクスペリエンスは一般に代替案と遅れることになる。

DTLS 1.2 プロトコルのサポート

リリース13.0ビルド47.x以降、DTLS 1.2プロトコルはCitrix ADC VPXアプライアンスでサポートされています。VPN仮想 サーバーVPXアプライアンスのenable_dtls12_vpn_vserver nsapimgrノブを使用して、DTLS 1.2を有効または無効にすることができます。

デフォルトでは、DTLS 1.2 は無効になっており、 enable_dtls12_vpn_vserver ノブは 0 に設定されています。

DTLS 1.2 を有効にするには、 enable_dtls12_vpn_vserver ノブを 1 に設定します。ノブ値を変更したら、DTLS をオフにし、ノブを有効にするためのset vpn vserver <vservername> dtls <ON/OFF> コマンドを使用して再度オンに切り替えます。

重要: 13.0 ビルド 47.x 以降にアップグレードした後、以前のリリースのビルドで DTLS を有効にし、TLSv1.2 暗号のみを使用している場合は、nsapimgr コマンドを使用して DTLS 1.2 を有効にすることをお勧めします。

HDX対応のデータ転送サポート