L7 遅延しきい値

HDX InsightのL7レイテンシーのしきい値処理機能は、エンドツーエンドのネットワークレイテンシーの問題をアプリケーションレベルでアクティブに検出し、プロアクティブなアクションを実行します。L7 レイテンシーのしきい値処理機能は、ライブレイテンシーの監視を実行してスパイクを検出し、レイテンシーが最小観測レイテンシーを超えた場合にInsight Center に通知を送信します。

以前は、平均的なクライアント側とサーバー側の L7 レイテンシー値が 60 秒ごとにInsight Center に送信されていました。この間隔内で検出されたスパイクは平均化され、検出されないままであった。また、これらのスパイクを検出するためのライブ遅延監視もありませんでした。

L7レイテンシーとL4レイテンシーの違い

ネットワーク待ち時間がキャプチャされ、L4 レベルでも表示されます。これらのレイテンシーはTCPレイヤーから計算され、ICAトラフィックの解析は必要ありません。したがって、比較的入手が容易で、CPU の負荷が少なくなります。しかし、L4レイテンシーの主な欠点は、エンドツーエンドのレイテンシーを理解することです。パスにTCPプロキシがある場合、L4レイテンシーはCitrix ADCからTCPプロキシへのレイテンシーだけをキャプチャします。これにより、情報が不完全になり、問題のデバッグが困難になる可能性があります。

L7レイテンシーは、ICAトラフィックを解析することによって計算されます。L7レイテンシーの計算はICAレイヤーで行われるため、中間プロキシでは不完全なレイテンシー値は発生しません。したがって、はエンドツーエンドの遅延検出を提供します。

次の図は、TCP プロキシを使用する場合と使用しない場合の展開の種類を示しています。

TCPプロキシなしのICA

TCPプロキシなしのICA

ICA RTTとL7のレイテンシ計算の違い

ICA RTTは、Citrix Workspace アプリから仮想デスクトップエージェント(VDA)への往復時間の合計を表します。L7 レイテンシーは、クライアント側とサーバー側のレイテンシーに関する詳細な詳細を提供します。L7クライアントのレイテンシーは、Citrix WorkspaceアプリからCitrix Gatewayまでのレイテンシーです。L7サーバーのレイテンシーは、Citrix Gateway からVDAまでのレイテンシーです。

:サーバー側のL7レイテンシーの計算は、Citrix Virtual Apps and Desktops バージョン7.13以降でのみサポートされています。

CLI を使用した L7 遅延しきい値の設定

1. ICA遅延プロファイルを追加します。

add ica latencyprofile <name> [-l7LatencyMonitoring ( ENABLED | DISABLED )] [-l7LatencyThresholdFactor <positive_integer>] [-l7LatencyWaitTime <positive_integer>] [-l7LatencyNotifyInterval <positive_integer>] [-l7LatencyMaxNotifyCount <positive_integer>]

2. ICAアクションを追加します。

add ica action <name> [-latencyprofileName <string>]

3. ICAポリシーを追加します。

add ica policy <name> -rule <expression> -action <string> [-comment<string>] [-logAction <string>

4. ICAポリシーをVPNサーバーまたはICAグローバルバインドポイントにバインドします。

bind ica global -policyName <string> -priority <positive_integer> [-gotoPriorityExpression <expression>] [-type ( ICA_REQ_OVERRIDE | ICA_REQ_DEFAULT )]

または

bind vpn vserver <name> -policy <string>  [-priority <positive_integer>]

または

bind cr vserver <name> -policy <string> [-priority <positive _integer>]

引数

  • レイテンシーモニタリング:L7 しきい値モニタリングを有効または無効にするパラメータ。このパラメータを有効にすると、設定された条件が満たされるとInsight Center に通知が送信されます。

    デフォルト値: DISABLED

  • LatencyThresholdFactor: しきい値を超えたため、通知をInsight Center に送信する必要があると結論付けるために、アクティブレイテンシーが最小観測レイテンシーよりも大きくなければならないファクター。

    デフォルト値:4

    最小値:2

    最大値:65535

  • LatencyWaitTime: 遅延しきい値を超えてからInsight Center に通知を送信するまでアプライアンスが待機する時間(秒単位)。

    デフォルト値:20

    最小値:1

    最大値:65535

  • LatencyNotifyInterval: 待機時間が経過した後、アプライアンスがInsight Center に後続の通知を送信する間隔(秒単位)。

    デフォルト値:20

    最小値:1

    最大値:65535

  • LatencyMaxNotifyCount: レイテンシーがしきい値を超える間隔内にInsight Center に送信できる通知の最大数。

    デフォルト値:5

GUI を使用した L7 遅延しきい値の設定

1. 「 構成 」>「 NetScaler Gateway 」>「 ポリシー 」>「 ICA 」に移動します。

2. 「 ICAレイテンシープロファイル 」タブを選択し、「 追加 」をクリックします。

3.ICAレイテンシプロファイルの作成 ページで、次の操作を行います。

ICAレイテンシープロファイルの作成

  • [ L7 レイテンシモニタリング ] を選択して、L7 しきい値モニタリングを有効にします。
  • [ L7 しきい値係数]に、Insight Center に通知を送信するために、アクティブなレイテンシーが最小観測レイテンシーを超える値を入力します。
  • [ L7 レイテンシー待機時間] に、しきい値を超えてからInsight Center に通知を送信するまでアプライアンスが待機する時間を秒単位で入力します。
  • [ L7 遅延通知間隔] に、待機時間が経過した後にアプライアンスがInsight Center に後続の通知を送信する時間を秒単位で入力します。
  • [ L7 レイテンシーの最大通知数] に、レイテンシーがしきい値を超える間隔内にInsight Center に送信できる通知の最大数を入力します。

    :L7 レイテンシーの最大通知カウントは、しきい値を超えた時点で適用され、アクティブなレイテンシーがしきい値を下回るとリセットされます。これらの通知の周期性は、通知間隔によって制御されます。

4.[作成] をクリックします。

L7 レイテンシー測定モデルと L7 レイテンシーしきい値レポートモデル

L7レイテンシー測定モデル

L7 レイテンシー測定モジュールでは、平均クライアント側とサーバー側の L7 レイテンシー値が 60 秒ごとにInsight Center に送信されます。その結果、この間隔内で検出されたスパイクは平均化され、検出されないままになります。また、L7レイテンシ測定モジュールにはライブレイテンシ監視機能はありません。

次の図は、L7 遅延測定モデルのサンプルを示しています。

ICAレイテンシ測定モデル

L7 遅延しきい値レポートモデル

L7 遅延しきい値レポートモデルには、スパイクを検出するライブレイテンシーモニタリング機能があります。レイテンシーが観測された最小レイテンシーを超えると、Insight Center に通知が送信されます。

しきい値を超えると、遅延の増加が検出されます。設定されたしきい値の待機時間が経過すると、Insight Center に通知が送信されます。待機時間が経過し、しきい値を超えた後、後続の通知がInsight Center に送信されます。 待機時間が期限切れになる前に待機時間がしきい値係数を下回る場合、通知はInsight Center に送信されません。

次の図は、L7 遅延しきい値レポートモデルのサンプルを示しています。

ICAしきい値レポート

実行時に次のパラメータを設定できます。

  • しきい値モニタリング(ON/OFF)
  • しきい値要素
  • しきい値の待機時間
  • 通知間隔
  • 最大通知数