フェールセーフモードの設定

高可用性構成では、フェイルセーフモードでは、両方のノードがヘルスチェックに不合格になったときに 1 つのノードが常にプライマリになります。フェイルセーフモードでは、ノードが部分的にしか使用できない場合に、バックアップメソッドをアクティブ化してトラフィックを処理できます。

高可用性フェイルセーフモードは、ノードごとに個別に構成します。

次の表は、フェイルセーフのケースの一部を示しています。NOT_UP 状態は、ノードがヘルスチェックに失敗したが、ノードが部分的に利用可能であることを意味します。UP 状態は、ノードがヘルスチェックに合格したことを意味します。

表1. フェールセーフモードの場合

ノード A(プライマリ)のヘルス状態 ノード B(セカンダリ)のヘルス状態 デフォルトの高可用性動作 フェールセーフが有効な高可用性の動作 説明
NOT_UP (最後に失敗しました) NOT_UP (最初に失敗しました) A(セカンダリ)、B(セカンダリ) A(プライマリ)、B(セカンダリ) 両方のノードが次々と故障した場合、最後のプライマリノードであったノードはプライマリのままです。
NOT_UP (最初に失敗しました) NOT_UP (最後に失敗しました) A(セカンダリ)、B(セカンダリ) A(セカンダリ)、B(プライマリ) 両方のノードが次々と故障した場合、最後のプライマリノードであったノードはプライマリのままです。
UP UP A(プライマリ)、B(セカンダリ) A(プライマリ)、B(セカンダリ) 両方のノードがヘルスチェックに合格した場合、フェイルセーフを有効にした場合の動作は変更されません。
UP NOT_UP A(プライマリ)、B(セカンダリ) A(プライマリ)、B(セカンダリ) セカンダリノードのみで障害が発生した場合、フェイルセーフを有効にした場合の動作は変更されません。
NOT_UP UP A(セカンダリ)、B(プライマリ) A(セカンダリ)、B(プライマリ) プライマリだけが故障した場合、フェイルセーフを有効にした場合の動作は変更されません。
NOT_UP UP (STAYSECONDARY) A(セカンダリ)、B(セカンダリ) A(プライマリ)、B(セカンダリ) セカンダリが STAYSECONDARY として設定されている場合、プライマリは、障害が発生してもプライマリのままです。

フェールセーフモードを構成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. 詳細ペインの [ノード] タブでノードを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [ノードの構成] ダイアログボックスの [フェイルセーフモード] で、[両方のノードが正常でない場合でも 1 つのプライマリノードを保持] を選択し、[OK] をクリックします。