ノードからのフェイルオーバーの強制実行

たとえば、プライマリノードを交換またはアップグレードする必要がある場合に、フェールオーバーを強制することができます。プライマリノードまたはセカンダリノードのいずれかからフェイルオーバーを強制できます。強制フェールオーバーは継承されたり、同期されたりしません。強制フェールオーバー後の同期ステータスを表示するには、ノードのステータスを表示します。

次の状況では、強制フェールオーバーを実行できません。

  • スタンドアロンシステムにフェールオーバーを強制する。
  • セカンダリノードは無効です。
  • セカンダリノードは、セカンダリノードを維持するように構成されています。

強制フェイルオーバーコマンドの実行時に潜在的な問題を検出すると、Citrix Gateway アプライアンスが警告メッセージを表示します。メッセージには、警告をトリガーした情報が含まれており、続行する前に確認を要求します。

ノードからのフェイルオーバーの強制実行