プライマリまたはセカンダリノードでのフェイルオーバーの強制実行

プライマリノードでフェイルオーバーを強制すると、プライマリがセカンダリになり、セカンダリがプライマリになります。強制フェイルオーバーは、プライマリノードがセカンダリノードが稼働していると判断できる場合にのみ可能です。

セカンダリノードが DOWN の場合、強制フェールオーバーコマンドは次のエラーメッセージを返します。「無効なピアの状態のため操作できません。修正して再試行してください。」

セカンダリシステムが要求状態または非アクティブの場合、コマンドは次のエラーメッセージを返します。「現在操作できません。システムが安定するのを待ってから、再試行してください。」

セカンダリノードから force failover コマンドを実行すると、セカンダリノードはプライマリノードになり、プライマリノードはセカンダリノードになります。強制フェールオーバーは、セカンダリノードの健全性が良好で、ノードがセカンダリノードを維持するように構成されていない場合にのみ発生します。

2 次ノードが 1 次ノードになることができない場合、または 2 次ノードが (STAYSECONDARY オプションを使用して) 2 次ノードに設定されている場合、ノードは次のエラーメッセージを表示します。「状態が無効であるため、操作できません。詳細については、ノードを参照してください。」

プライマリノードまたはセカンダリノードでフェールオーバーを強制するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ノード] タブで、プライマリノードを選択し、[アクション] で [フェイルオーバーの強制] をクリックします。
  3. [警告] ダイアログボックスで、[はい] をクリックします。

プライマリまたはセカンダリノードでのフェイルオーバーの強制実行