リンク冗長性の設定

リンク冗長性は、ネットワークインターフェイスをグループ化して、他の機能を持つCitrix Gateway の1つのネットワークインターフェイスで障害が発生した場合のフェイルオーバーを防止します。プライマリCitrix Gateway の最初のインターフェイスで障害が発生すると、フェイルオーバーがトリガーされますが、最初のインターフェイスでは2番目のリンクを使用してユーザー要求を処理できます。リンクの冗長性を構成する場合、2つのインターフェイスをフェイルオーバーインターフェイスセットにグループ化して、プライマリCitrix Gatewayのすべてのインターフェイスが機能しない限り、単一のリンクで障害が発生してセカンダリCitrix Gatewayへのフェイルオーバーを防ぐことができます。

フェールオーバーインターフェイスセット内の各インターフェイスは、独立したブリッジエントリを維持します。Citrix Gateway で有効になっていて、障害が発生したインターフェイスセットにバインドされていない監視インターフェイスは、クリティカルインターフェイスと呼ばれます。これは、これらのインターフェイスのいずれかに障害が発生するとフェイルオーバーがトリガーされるためです。

リンクの冗長性を設定するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. [フェールオーバーインターフェイスセット] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、セットの名前を入力します。
  4. 「インタフェース」で、「追加」をクリックします。
  5. [使用可能なインターフェイス] でインターフェイスを選択し、矢印をクリックしてインターフェイスを [構成済み] に移動します。
  6. 2 番目のインターフェイスに対してステップ 4 と 5 を繰り返し、[Create] をクリックします。

インターフェイス間のフェールオーバーに必要な数だけインターフェイスを追加できます。

フェールオーバーインターフェイスセットからインターフェイスを削除するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. [フェールオーバーインターフェイスセット] タブで、セットを選択し、[削除] をクリックします。

フェールオーバーインターフェイスセットを削除するには

フェイルオーバーインターフェイスセットが不要になった場合は、Citrix Gateway から削除できます。

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. [フェールオーバーインターフェイスセット] タブで、セットを選択し、[削除] をクリックします。