Citrix Gateway アプライアンスの同期

高可用性ペアでのCitrix Gateway アプライアンスの自動同期は、デフォルトで有効になっています。自動同期を使用すると、1 つのアプライアンスを変更して、その変更を 2 番目のアプライアンスに自動的に反映させることができます。同期ではポート 3010 が使用されます。

同期は、次の場合に開始されます。

  • セカンダリノードが再起動します。
  • プライマリノードは、フェールオーバー後にセカンダリになります。

同期を無効にすると、プライマリアプライアンスで変更が発生したときに、セカンダリCitrix Gateway atewayがプライマリCitrix Gatewayと構成を同期できなくなります。同期を強制することもできます。

ペアのセカンダリノードで高可用性同期を有効または無効にします。

高可用性同期を有効または無効にするには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. 詳細ペインの [ノード] タブでノードを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [ノードの構成] ダイアログボックスの [HA 同期] で、次のいずれかの操作を行います。
    • 同期を無効にするには、[セカンダリノードがプライマリから構成をフェッチする] チェックボックスをオフにします。
    • 同期を有効にするには、[セカンダリノードがプライマリから構成をフェッチする] チェックボックスをオンにします。
  4. [OK] をクリックします。ノード構成が成功したことを示すメッセージがステータスバーに表示されます。

アプライアンス間で強制的に同期するには

Citrix Gateway では、自動同期に加えて、高可用性ペアの2つのノード間の強制同期もサポートされています。

プライマリおよびセカンダリCitrix Gateway アプライアンスの両方で同期を強制できます。ただし、同期がすでに進行中の場合、コマンドは失敗し、Citrix Gateway に警告が表示されます。強制同期は、次の状況でも失敗します。

  • スタンドアロンシステム上で同期を強制します。
  • セカンダリノードは無効です。
  • セカンダリノードで高可用性の同期を無効にします。
  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[高可用性] をクリックします。
  2. [ノード] タブで、[同期の強制] をクリックします。