自動ネゴシエーションの設定

デフォルトでは、アプライアンスはオートネゴシエーションを使用するように構成されています。このオートネゴシエーションでは、Citrix Gateway はネットワークトラフィックを両方向に送信し、適切なアダプタ速度を決定します。デフォルト設定の「 自動ネゴシエーション」のままにすると、Citrix Gateway は全二重操作を使用します。ネットワークアダプタは双方向で同時にデータを送信できます。

自動ネゴシエーションを無効にすると、Citrix Gateway は半二重操作を使用します。半二重操作では、アダプターは2つのノード間で両方向にデータを送信できますが、アダプターは一度に使用できるのは一方または他方のみです。

初めてインストールする場合は、アプライアンスに接続されているポートに対して自動ネゴシエーションを使用するようにCitrix Gatewayを構成することをお勧めします。最初にログオンしてCitrix Gateway を構成したら、自動ネゴシエーションを無効にできます。自動ネゴシエーションをグローバルに設定することはできません。各インターフェイスの設定を有効または無効にする必要があります。

自動ネゴシエーションを有効または無効にするには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[システム] > [ネットワーク] を展開し、[インターフェイス] をクリックします。
  2. 詳細ペインでインターフェイスを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [インターフェイスの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • 自動ネゴシエーションを有効にするには、[自動ネゴシエーション] の横にある [はい] をクリックし、[OK] をクリックします。
    • 自動ネゴシエーションを無効にするには、[自動ネゴシエーション] の横にある [いいえ] をクリックし、[OK] をクリックします。