ウィザードを使用したCitrix Gateway の構成

Citrix Gateway には、アプライアンスの設定に使用できる次の6つのウィザードがあります。

  • Citrix Gateway アプライアンスに初めてログオンすると、初回セットアップウィザードが表示されます。
  • セットアップウィザードでは、Citrix Gateway の基本設定を初めて構成できます。
  • Citrix Endpoint Managementの統合構成は、Citrix GatewayとCitrix Endpoint Management 環境を構成するのに役立ちます。
  • クイック構成ウィザードでは、Citrix Endpoint Management、StoreFront、およびWeb Interfaceへの接続に関する正しいポリシー、式、および設定を構成できます。
  • Citrix Gateway ウィザードでは、Citrix Gateway固有の設定を構成できます。
  • 公開アプリケーションウィザードでは、Citrix Workspace アプリを使用してユーザー接続の設定を構成できます。

初回セットアップウィザードの仕組み

Citrix Gateway アプライアンスの初期設定のインストールと構成が完了したら、構成ユーティリティに初めてログオンするときに、次の条件が満たされない場合は初回セットアップウィザードが表示されます。

  • アプライアンスにライセンスがインストールされていません。
  • サブネットまたはマッピング IP アドレスを設定していません。
  • アプライアンスのデフォルト IP アドレスが 192.168.100.1 の場合。

セットアップウィザードの仕組み

セットアップウィザードを使用して、アプライアンスで次の初期設定を構成します。

  • システム IP アドレスとサブネットマスク
  • マッピングされた IP アドレスとサブネットマスク
  • ホスト名
  • デフォルトゲートウェイ
  • ライセンス

注:セットアップウィザードを実行する前に、Citrix のWebサイトからライセンスをダウンロードしてください。詳細については、「 Citrix Gateway のライセンス」を参照してください。

統合Citrix Endpoint Management 構成の仕組み

Citrix Endpoint Management MDMを使用してCitrix Gatewayを展開すると、アプリケーションのスケーリング、高可用性の確保、およびセキュリティの維持が可能です。Citrix Endpoint Management 構成を使用するには、バージョン10.1、ビルド120.1316.eをインストールする必要があります。

統合 Citrix Endpoint Management 構成では、次のものが作成されます。

  • デバイスマネージャ用のロードバランシングサーバ。
  • メールフィルタリング機能を備えたMicrosoft Exchange用のサーバーの負荷分散。
  • ShareFile用のサーバーの負荷分散。

統合Citrix Endpoint Management構成での設定の作成について詳しくは、「Citrix Endpoint Management 環境の設定の構成」を参照してください。

クイック構成ウィザードの仕組み

クイック構成ウィザードでは、Citrix Gateway で複数の仮想サーバーを構成できます。仮想サーバーを追加、編集、削除できます。

クイック構成ウィザードでは、次の展開をシームレスに構成できます。

  • Citrix Virtual Apps and Desktops へのWeb Interface接続。Secure Ticket Authority(STA)の複数のインスタンスを構成できます。
  • Citrix Endpoint Management のみ
  • StoreFront のみ
  • Citrix Endpoint Management とStoreFront の併用

クイック構成ウィザードでは、アプライアンスで次の設定を構成できます。

  • 仮想サーバ名、IP アドレス、およびポート
  • 非セキュアポートからセキュアポートへのリダイレクション
  • LDAP サーバー
  • RADIUSサーバー
  • 証明書
  • DNS サーバー
  • Citrix Endpoint Management とCitrix Virtual Apps and Desktops

Citrix Gateway は、Citrix Endpoint Management へのユーザー接続を直接サポートします。これにより、ユーザーはShareFileへのアクセスに加えて、自分のWeb、SaaS、およびモバイルアプリケーションにアクセスできるようになります。StoreFront の設定を構成して、ユーザーがWindowsベースのアプリケーションおよび仮想デスクトップにアクセスできるようにすることもできます。

クイック構成ウィザードを実行すると、Citrix Endpoint Management、StoreFront およびWeb Interfaceの設定に基づいて、次のポリシーが作成されます。

  • セッションポリシー(Receiver、Receiver for Web、Citrix Gateway プラグイン、およびプログラムネイバーフッドエージェントのポリシーとプロファイルなど)
  • クライアントレスアクセス
  • LDAPおよびRADIUS認証

Citrix Gateway ウィザードの仕組み

Citrix Gateway ウィザードを使用して、アプライアンスで次の設定を構成します。

  • 仮想サーバー
  • 証明書
  • ネームサービスプロバイダ
  • 認証
  • 承認
  • ポートのリダイレクト
  • クライアントレスアクセス
  • SharePointのクライアントレス・アクセス

公開アプリケーションウィザードの仕組み

公開アプリケーションウィザードを使用して、内部ネットワーク内のCitrix Virtual Apps and Desktopsを実行しているサーバーに接続するようにCitrix Gatewayを構成します。公開アプリケーションウィザードでは、次の操作を実行できます。

  • サーバファームに接続する仮想サーバを選択します。
  • Web InterfaceまたはStoreFront のユーザー接続、シングルサインオン、およびSecure Ticket Authorityの設定を構成します。
  • SmartAccess のセッションポリシーを作成または選択します。

ウィザード内では、ユーザー接続用のセッションポリシー式を作成することもできます。サーバーファームに接続するようにCitrix Gateway を構成する方法の詳細については、「Web Interfaceを使用した公開アプリケーションおよびVirtual Desktops へのアクセスの提供」を参照してください。