初回セットアップウィザードを使用したCitrix Gateway の構成

Citrix Gateway(物理アプライアンスまたはVPX仮想アプライアンス)を初めて構成するには、アプライアンスと同じネットワーク上に構成された管理コンピューターが必要です。

アプライアンスの管理IPアドレスとして、Citrix Gateway IP(NSIP)アドレスと、サーバーが接続できるサブネットIP(SNIP)アドレスを割り当てる必要があります。Citrix Gateway とSNIPアドレスの両方に適用されるサブネットマスクを割り当てます。タイムゾーンも設定する必要があります。ホスト名を割り当てる場合は、NSIPアドレスの代わりに名前を指定してアプライアンスにアクセスできます。

初回セットアップウィザードには、2 つのセクションがあります。最初のセクションでは、Citrix Gateway アプライアンスの基本的なシステム設定を構成します。

  • NSIPアドレス、SNIPアドレス、サブネット・マスク
  • アプライアンスのホスト名
  • DNSサーバー
  • タイムゾーン
  • 管理者パスワード

2 番目のセクションでは、ライセンスをインストールします。DNS サーバーのアドレスを指定すると、ローカルコンピューターからアプライアンスにライセンスをアップロードする代わりに、ハードウェアシリアル番号 (HSN) またはライセンスアクティベーションコード (LAC) を使用してライセンスを割り当てることができます。

注:ライセンスをローカルコンピュータに保存することをお勧めします。

これらの設定の構成が完了すると、Citrix Gateway からアプライアンスの再起動を求めるメッセージが表示されます。アプライアンスに再度ログオンすると、他のウィザードと構成ユーティリティを使用して追加設定を構成できます。

初回セットアップウィザードを使用したCitrix Gateway の構成