Citrix Gateway ウィザードを使用した設定の構成

セットアップウィザードを実行した後、Citrix Gatewayウィザードを実行してCitrix Gatewayに追加の設定を構成できます。Citrix Gateway ウィザードは、構成ユーティリティから実行します。

Citrix Gateway には、テスト証明書が付属しています。認証局(CA)からの署名付き証明書がない場合は、Citrix Gateway ウィザードを使用してテスト証明書を使用できます。署名付き証明書を受け取ったら、テスト証明書を削除し、署名付き証明書をインストールできます。Citrix Gatewayを公開する前に、署名付き証明書を取得することをお勧めします。

注:証明書署名リクエスト(CSR)は、Citrix Gateway ウィザードから作成できます。Citrix Gateway ウィザードを使用してCSRを作成する場合は、ウィザードを終了し、CAから署名付き証明書を受け取ったときにウィザードを再度開始する必要があります。証明書について詳しくは、「 証明書のインストールと管理」を参照してください。

仮想サーバーを構成するときに、Citrix Gateway ウィザードでインターネットプロトコルバージョン6(IPv6)のユーザー接続を構成できます。ユーザー接続のIPv6の使用について詳しくは、ユーザ接続用の IPv6 の設定を参照してください。

Citrix Gateway ウィザードを起動するには

  1. 構成ユーティリティで、[構成]タブをクリックし、ナビゲーションペインで[Citrix Gateway]をクリックします。
  2. 詳細ペインの [はじめに] で、[Citrix Gateway ウィザード] をクリックします。
  3. [Next]をクリックして、ウィザードの指示に従います。

Citrix Gateway ウィザードを使用した設定の構成