仮想サーバーの作成

仮想サーバーは、ユーザーがログオンするアクセスポイントです。各仮想サーバには、独自の IP アドレス、証明書、およびポリシーセットがあります。仮想サーバは、着信トラフィックを受け入れるIPアドレス、ポート、およびプロトコルの組み合わせで構成されます。仮想サーバーには、ユーザーがアプライアンスにログオンするときの接続設定が含まれます。仮想サーバーでは、次の設定を構成できます。

  • 証明書
  • 認証
  • ポリシー
  • ブックマーク
  • アドレスプール (IP プールまたはイントラネット IP とも呼ばれます)
  • Citrix Gateway を使用したダブルホップDMZ展開
  • Secure Ticket Authority
  • SmartAccess ICAプロキシセッション転送

Citrix Gateway ウィザードを実行すると、ウィザード中に仮想サーバーを作成できます。追加の仮想サーバは、次の方法で構成できます。

  • 仮想サーバノードから。このノードは、構成ユーティリティのナビゲーション区画にあります。構成ユーティリティを使用して、仮想サーバーを追加、編集、および削除できます。
  • クイック構成ウィザードを使用します。Citrix Endpoint Management、StoreFront またはWeb Interfaceを環境内に展開する場合は、クイック構成ウィザードを使用して、仮想サーバーと展開に必要なすべてのポリシーを作成できます。

ユーザーがログオンして RADIUS などの特定の認証タイプを使用できるようにするには、仮想サーバーを構成し、サーバーに一意の IP アドレスを割り当てます。ユーザーがログオンすると、仮想サーバーに送信され、RADIUS 資格情報の入力が求められます。

また、ユーザーがCitrix Gateway にログオンする方法を構成することもできます。セッションポリシーを使用して、ユーザーソフトウェアの種類、アクセス方法、およびログオン後にユーザーに表示されるホームページを構成できます。

仮想サーバーの作成