ワイルドカード仮想サーバに対するリッスンポリシーの設定

Citrix Gateway 仮想サーバーを構成して、仮想サーバーが特定の仮想ローカルエリアネットワーク(VLAN)をリッスンする機能を制限できます。指定された VLAN 上のトラフィックを処理するように制限するリッスンポリシーを使用して、ワイルドカード仮想サーバを作成できます。

構成パラメータは次のとおりです。

パラメーター 説明
名前 仮想サーバーの名前。この名前は必須であり、仮想サーバーを作成した後は変更できません。名前は 127 文字以内で、最初の文字は数字または文字でなければなりません。また、アット記号 (@)、アンダースコア (_)、ダッシュ (-)、ピリオド (.)、コロン (:)、シャープ記号 (#)、スペースも使用できます。
IP 仮想サーバの IP アドレス。VLAN にバインドされたワイルドカード仮想サーバの場合、値は常に* です。
種類 サービスの動作。選択肢は、HTTP、SSL、FTP、TCP、SSL_TCP、UDP、SSL_ブリッジ、NNTP、DNS、任意の、SIP-UDP、DNS-TCP、およびRTSPです。
ポート 仮想サーバーがユーザー接続をリッスンするポート。ポート番号は 0 ~ 65535 である必要があります。VLAN にバインドされたワイルドカード仮想サーバの場合、値は通常* です。
リッスン優先度 リッスンポリシーに割り当てられているプライオリティ。プライオリティは逆の順序で評価されます。番号が小さいほど、リッスンポリシーに割り当てられるプライオリティが高くなります。
リッスンポリシールール 仮想サーバがリッスンする VLAN の識別に使用するポリシールール。ルールは、CLIENT.VLAN.ID.EQ (<ipaddressat>) です。<ipaddressat>では、VLAN に割り当てられた ID 番号を置き換えます。

リッスンポリシーを使用してワイルドカード仮想サーバーを作成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway] を展開し、[仮想サーバー] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、仮想サーバーの名前を入力します。
  4. 「プロトコル」で、プロトコルを選択します。
  5. [IP アドレス] に、仮想サーバーの IP アドレスを入力します。
  6. [ポート] に、仮想サーバーのポートを入力します。
  7. [詳細設定] タブの [リッスンポリシー] の [リッスンの優先度] に、リッスンポリシーの優先度を入力します。
  8. [リッスンポリシールール] の横にある [設定] をクリックします。
  9. [式を作成] ダイアログボックスで、[追加] をクリックして式を設定し、[OK] をクリックします。
  10. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。