単純な式と複合式を作成する

単純な式は、単一の条件をチェックします。単純な式の例を次に示します。

REQ.HTTP.URL == HTTP://www.mycompany.com

複合式は、複数の条件をチェックします。複合式を作成するには、論理演算子 && と   . シンボルを使用して、評価の順序で式をグループ化できます。

複合式は次のように分類できます。

  • 名前の付いた式。独立したエンティティとして、名前付き式は他のポリシーで再利用でき、ポリシーの一部になります。名前付き式は、設定ユーティリティのシステムレベルで設定します。定義済みの名前付き式をポリシーで使用することも、独自の式を作成することもできます。
  • インライン式。インライン式は、ポリシーに固有のポリシー内で構築する式です。

名前付き式を作成するには

  1. 構成ユーティリティの [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[AppExpert] を展開し、[式] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [ポリシー式の作成] ダイアログボックスの [式名] に、式の名前を入力します。
  4. 式を作成するには、[追加] をクリックします。
  5. 次のいずれかを行います:
    1. [よく使用する式] で、一覧から式を選択し、[OK] をクリックし、[作成] をクリックして、[閉じる] をクリックします。
    2. [式を作成] で、式文字列のパラメータを選択し、[OK] をクリックし、[作成] をクリックして、[閉じる] をクリックします。