ポリシーのしくみ

ポリシーは、ブール条件と、プロファイルと呼ばれる設定の集まりで構成されます。条件は実行時に評価され、ポリシーを適用する必要があるかどうかを判断します。

プロファイルとは、特定のパラメータを使用した設定の集まりです。プロファイルには任意の名前を付けることができ、複数のポリシーで再利用できます。プロファイル内で複数の設定を構成できますが、ポリシーごとに含めることができるプロファイルは 1 つだけです。

ポリシーを、設定した条件とプロファイルを使用して、仮想サーバ、グループ、ユーザー、またはグローバルにバインドできます。ポリシーは、管理する構成設定のタイプによって参照されます。たとえば、セッションポリシーでは、ユーザーのログオン方法やユーザーのログオン状態を維持できる時間を制御できます。

Citrix Virtual AppsでCitrix Gatewayを使用している場合、Citrix Gateway のポリシー名がフィルターとしてCitrix Virtual Appsに送信されます。Citrix Virtual Apps およびSmartAccessと連携するようにCitrix Gatewayを構成する場合は、Citrix Virtual Appsで次の設定を構成します。

  • アプライアンス上で構成されている仮想サーバーの名前。この名前は、Citrix Gatewayファーム名としてCitrix Virtual Apps に送信されます。
  • 事前認証またはセッションポリシーの名前は、フィルタ名として送信されます。

Citrix Endpoint Managementと連携するようにCitrix Gatewayを設定する方法の詳細については、「Citrix Endpoint Management 環境の設定の構成」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsで機能するCitrix Gateway構成について詳しくは、「Web Interfaceを使用したCitrix Virtual Apps およびCitrix Virtual Desktops リソースへのアクセス」および「Citrix Endpoint Management またはStoreFront との統合」を参照してください。

事前認証ポリシーの詳細については、エンドポイントポリシーの設定を参照してください。