ファイルタイプの関連付けの許可

ファイルタイプの関連付けにより、ユーザーはCitrix Virtual Apps またはDesktops 7で公開されたアプリケーションでドキュメントを開くことができます。この権限を使用すると、信頼された環境にあるサーバー上のドキュメントを開いたり編集したり、ドキュメントがユーザーデバイスに送信されないようにすることができます。ファイルタイプの関連付けは、公開アプリケーションに関連付けられているドキュメントタイプに対してのみ使用できます。また、Citrix Gateway で仮想サーバーのプロパティが正しく構成されている場合にのみ使用できます。

リソースドキュメントを編集するための唯一の手段としてファイルタイプの関連付けを提供することは、ユーザーデバイスではなくサーバー上で編集を行う必要があるため、セキュリティを強化するのに役立ちます。たとえば、従業員が進行中のプロジェクト会議のレポートを投稿するファイル共有に対して、ファイルの種類の関連付けを許可し、ダウンロードまたはアップロードを行えるようにすることができます。

ファイルタイプの関連付けを行うには、次のことが必要です。

  • ユーザーは、ユーザーデバイス上でCitrix Workspace アプリを実行します。
  • ユーザーは、トラフィックポリシーがバインドされている仮想サーバーを介して接続し、Citrix Virtual Appsのポリシーを構成します。
  • ユーザーは、Citrix Virtual Apps and Desktops 7で目的のアプリケーションに割り当てられます。
  • 管理者は、Citrix Gatewayと連携するようにCitrix仮想アプリケーションを構成します。

ファイルタイプの関連付けを作成する手順は、次のとおりです。

  • Web Interfaceサイトを作成します。
  • Citrix Gateway でトラフィックポリシーを使用してファイルタイプの関連付けを構成する。
  • Citrix Virtual Apps and Desktops 7でファイル拡張子を定義する。

ファイルタイプの関連付けの許可