Web Interfaceフェールオーバーの設定

公開アプリケーションウィザードを使用して、Web Interfaceを実行するセカンダリサーバーにフェイルオーバーするようにCitrix Gateway を構成できます。

Web Interfaceフェイルオーバーにより、プライマリWeb Interfaceに障害が発生した場合でも、ユーザー接続をアクティブなままにできます。フェールオーバーを設定する場合は、システム IP アドレス、マッピング IP アドレス、または仮想サーバの IP アドレスに加えて、新しい IP アドレスを定義します。新しい IP アドレスは、システムまたはマッピング IP アドレスと同じサブネット上にある必要があります。

Citrix Gateway でWeb Interfaceフェイルオーバーを構成すると、新しいIPアドレスに送信されるネットワークトラフィックはプライマリWeb Interfaceに中継されます。公開アプリケーションウィザードで選択した仮想サーバーは、ネットワークアドレス変換 (NAT) IP アドレスとして機能します。実際のIPアドレスは、Web InterfaceのIPアドレスです。プライマリ Web Interfaceに障害が発生すると、ネットワークトラフィックがセカンダリ Web Interfaceに送信されます。

Web Interfaceフェールオーバーを構成するには

  1. 構成ユーティリティで、[構成]タブをクリックし、ナビゲーションペインで[Citrix Gateway]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [はじめに] で、[公開アプリケーションウィザード] をクリックします。
  3. [次へ] をクリックし、仮想サーバーを選択して、[次へ] をクリックします。
  4. [クライアント接続の構成] ページで、[Web Interfaceフェールオーバーの構成] をクリックします。
  5. [プライマリ Web Interface] の [Web Interfaceサーバー] に、プライマリ Web Interfaceの IP アドレスを入力します。
  6. [Web Interfaceサーバーポート] に、プライマリ Web Interfaceのポート番号を入力します。
  7. [仮想サーバー IP] に、フェールオーバー用の新しい IP アドレスを入力します。
  8. [仮想サーバーのポート] に、仮想サーバーのポート番号を入力します。
  9. [Web Interfaceのバックアップ] の [Web Interfaceサーバー] に、Web Interfaceを実行しているサーバーの IP アドレスを入力するか、一覧からサーバーを選択します。
  10. [Web Interfaceサーバーポート] で、Web Interfaceのポート番号を入力し、[OK] をクリックします。
  11. [次へ] をクリックし、指示に従ってウィザードを完了します。

Web Interfaceフェールオーバーの設定