Web Interface 5.4 サイトの作成

Citrix Web Interface管理コンソールは、Microsoft管理コンソール(MMC)3.0スナップインで、Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)でホストされているCitrix Virtual Apps WebサイトおよびCitrix Virtual Apps サービスサイトを作成および構成できます。Web Interfaceサイトの種類は、左側のウィンドウに表示されます。中央の結果ウィンドウには、左側のウィンドウで選択したサイトタイプコンテナ内で使用可能なサイトが表示されます。

Citrix Web Interface管理コンソールを使用すると、日常の管理タスクをすばやく簡単に実行できます。[操作] ウィンドウには、現在使用可能なタスクが一覧表示されます。左ペインで選択したアイテムに関連するタスクが上部に表示され、結果ペインで選択したアイテムに対して使用可能なアクションが下に表示されます。

コンソールを使用する場合、コンソールを使用して変更をコミットすると、設定が有効になります。その結果、一部のWeb Interface設定は、その値が現在の構成に関連せず、対応する設定が WebInterface.conf のデフォルト値にリセットされると、無効になることがあります。サイトのWebInterface.confファイルとconfig.xmlファイルのバックアップを定期的に作成することをお勧めします。

Microsoft インターネットインフォメーションサービス用の Web Interface をインストールすると、Citrix Web Interface Management コンソールが自動的にインストールされます。[スタート]>[すべてのプログラム]>[Citrix]>[管理コンソール]>[Citrix Web Interface管理]の順にクリックして、コンソールを実行します。

: Web Interfaceをインストールするサーバー上にMMC 3.0がインストールされていることを確認する必要があります。これは、Citrix Web Interface管理コンソールをインストールするための前提条件です。MMC 3.0 は、Web Interfaceのホストでサポートされているすべての Windows プラットフォームで既定で使用できます。

設定ファイルの使用

Web Interfaceサイトを構成するには、次の構成ファイルを編集できます。

  • Web Interface構成ファイル:Web Interface構成ファイル WebInterface.conf を使用すると、多くの Web Interfaceのプロパティを変更できます。これは、Microsoft インターネットインフォメーションサービス (IIS) と Java アプリケーションサーバーの両方で使用できます。このファイルを使用して、日常的な管理タスクを実行し、さらに多くの設定をカスタマイズできます。WebInterface.conf の値を編集し、更新したファイルを保存して変更を適用します。WebInterface.confを使用してWeb Interfaceを構成する方法の詳細については、Citrix eDocsのテクノロジノードにあるWeb Interfaceのドキュメントを参照してください。
  • Citrix オンライン・プラグイン構成ファイル。Citrix オンラインプラグインは、Web Interfaceサーバー上のconfig.xmlファイルを使用して構成できます。

Web Interface 5.4 サイトの作成