Web Interface 5.3 サイトの作成

Web Interface 5.3サイトを作成するときに、Webブラウザー、Citrix Workspaceアプリ、またはCitrixデスクトップCitrix Workspaceアプリのいずれかを使用してログオンするようにユーザーに要求できます。 Citrix Web Interface管理コンソールを使用して、複数のWeb Interfaceサイトを作成できます。

Web Interface 5.3 を使用した Web Interface に対しては、スマートカードを使用したシングルサインオンのみを有効にできます。このバージョンのWeb Interfaceは、Citrix Virtual Apps 4.5、5.0、6.0で実行できます。

Web Interface 5.3 は、次のオペレーティングシステムで実行されます。

  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2

: Citrix Virtual Apps 6.0は、Windowsサーバー2008 R2でのみ実行されます。

Web Interface 5.3のサイトを作成するには

  1. [スタート]>[すべてのプログラム]>[Citrix]>[管理コンソール]>[Citrix Web Interface管理]の順にクリックします。

  2. 左側のペインで、[Citrix Virtual Apps][Webサイト]を選択します。ユーザーは、Web ブラウザを使用して Web Interfaceにログオンします。

  3. [操作] メニューの [サイトの作成] をクリックします。

  4. 既定のインターネットインフォメーションサービス (IIS) サイトとパスをそのまま使用し、[次へ] をクリックします。

    デフォルトのサイトパスは/Citrix/Citrix Virtual Appsです。パスを指定することもできます。

    : デフォルトパスを使用する既存のCitrix Virtual Apps Webサイトがある場合は、新しいサイトを区別するために適切な増分が追加されます。

  5. 「ユーザー認証を実行する場所の指定」で、次のいずれかを選択します。

    • Web Interfaceで、ユーザーがWeb Interfaceを使用して認証するようにします。

      Web Interfaceが、非武装地帯(DMZ)でCitrix Gateway と並行するスタンドアロンサーバーとして展開される場合は、このオプションを選択します。

    • Access Gatewayで、Citrix Gateway アプライアンスを使用してユーザーを認証します。

      このオプションを選択した場合、Citrix Gateway はユーザーを認証し、Web Interfaceがアプライアンス上で構成されている場合、Web Interfaceへのシングルサインオンを開始します。

    : Citrix Gateway でSmartAccessが構成されている場合、この設定ではCitrix Virtual Apps and Desktops でSmartAccessが有効になります。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. 手順5の「認証サービスのURL」に、Citrix Gateway 認証サービスのURLへのWebアドレス(https://access.company.com/CitrixAuthService/AuthService.asmxなど )を入力し、「次へ」をクリックします。

  8. [認証オプション] で、ユーザーのログオン方法を選択します。

    • 明示的。ユーザーは、Web ブラウザーを使用してログオンします。
    • スマートカード。ユーザーは、スマートカードを使用してログオンします。
  9. [次へ] をクリックします。

  10. 手順 8 で [スマートカード] を選択した場合は、次のいずれかを選択します。

-  ユーザーにPINを要求します。ユーザーは、公開アプリケーションまたはデスクトップを起動するときに、個人識別番号 (PIN) を入力します。
- 公開アプリケーションまたはデスクトップを起動するときに、 ユーザーは PIN を入力する必要はありません。

設定を示す概要画面が表示されます。[ 次へ] をクリックして、Web Interfaceサイトを作成します。サイトが正常に作成されると、Web Interfaceの残りの設定を構成するように求められます。ウィザードの指示に従って構成を完了します。