Web Interface5.3でのCitrix Gateway 設定の構成

Web Interface 5.3サイトを作成したら、Citrix Web Interface管理を使用してCitrix Gatewayの設定を構成できます。

Citrix Gateway のWeb Interface5.3設定を構成するには

  1. [スタート]>[すべてのプログラム]>[Citrix]>[管理コンソール]>[Citrix Web Interface管理]の順にクリックします。
  2. Citrix のWeb Interface管理の左側のペインで、[Citrix仮想アプリケーションのWebサイト]をクリックします。
  3. [操作] ウィンドウで、[セキュリティで保護されたアクセス] をクリックします。
  4. [セキュアアクセス設定の編集]ダイアログボックスの[追加]をクリックします。
  5. [アクセスルートの追加] ダイアログボックスで、ユーザーデバイスアドレス、サブネットマスクを入力し、[アクセス方法] で [ゲートウェイダイレクト] を選択し、[OK] をクリックして、[次へ] をクリックします。ユーザーデバイスアドレスとサブネットマスクを指定しない場合、「Gateway direct」オプションはすべてのユーザーデバイスに適用されます。「Gateway direct」オプションは、内部ネットワークの外部から接続するユーザーデバイスに適しています。一方、「Direct」オプションは、内部ネットワーク内から接続するユーザーデバイスに適しています。
  6. [アドレス(FQDN)]に、Citrix Gateway の完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。これは、Citrix Gateway 証明書で使用されているのと同じFQDNである必要があります。
  7. [Port]ボックスにポート番号を入力します。デフォルトは 443 です。
  8. セッションの画面の保持を有効にするには、[セッション画面の保持を有効にする] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  9. 「Secure Ticket Authority URL」で、「追加」をクリックします。
  10. [Secure Ticket Authority URL]に、Citrix Virtual Apps XMLサービスを実行するマスターサーバーの名前を入力し、[OK]をクリックし、[完了]をクリックします。たとえば、http://Citrix Virtual Appssrv01/Scripts/CtxSta.dllと入力します。

Web Interfaceで設定を構成したら、Citrix Gateway で設定を構成できます。

Web Interface5.3でのCitrix Gateway 設定の構成