SmartAccess 設定

SmartAccessをCitrix Virtual Apps and Desktops とともに使用すると、公開アプリケーションおよび仮想デスクトップをユーザーにインテリジェントに配信できます。

SmartAccessでは、Citrix Gateway セッションポリシーを使用して、サーバー上の公開アプリケーションおよびデスクトップへのアクセスを制御できます。公開されたリソースへのアクセスには、事前認証および認証後のチェックを条件として、他の条件とともに使用します。その他の条件には、プリンター帯域幅制限、ユーザーデバイスドライブのマッピング、クリップボード、オーディオ、プリンターマッピングなど、Citrix Virtual Apps and Desktops ポリシーで制御できるものが含まれます。ユーザーがCitrix Gatewayのチェックに合格したかどうかに基づいて、Citrix Virtual Apps and Desktops ポリシーを適用できます。

Citrix Gateway では、Web Interface、ICAプロキシアクセス、クライアントレスアクセス、およびCitrix Gatewayアクセスで使用できるオプションと同じオプションを使用して、Citrix Virtual Desktops を配信できます。

この機能は、Citrix Gateway コンポーネントをWeb InterfaceおよびCitrix仮想アプリケーションおよびデスクトップと統合することによって実現されます。この統合により、Web Interfaceへの高度な認証とアクセス制御オプションが提供されます。詳細については、Citrix eDocsライブラリの[テクノロジ]ノードにあるWeb Interfaceのドキュメントを参照してください。

サーバーファームへのリモート接続には、Citrix Gateway プラグインは必要ありません。ユーザーはCitrix Workspace アプリで接続できます。 ユーザーは、Citrix Gateway プラグインを使用してログオンし、Citrix Gatewayのデフォルトのホームページであるアクセスインターフェイスを介して公開アプリケーションおよび仮想デスクトップを受信できます。

SmartAccess 設定