Citrix Virtual Apps でのユーザーデバイスマッピングの構成

Citrix Virtual Apps を実行しているコンピューター上のポリシーに適用されるCitrix Gatewayフィルターを使用できます。フィルターにより、ユーザーは、エンドポイント分析の結果に基づいて、ユーザーデバイスのドライブマッピング、プリンターマッピング、クリップボードマッピングなどのCitrix Virtual Apps 機能にアクセスできます。

Citrix Workspace アプリは、ユーザーデバイス上のデバイスのマッピングをサポートしているため、ユーザーはユーザーセッション内で外部デバイスにアクセスできます。ユーザー・デバイス・マッピングにより、次の機能が提供されます。

  • ローカル・ドライブとポートへのアクセス
  • ユーザー・セッションとローカル・クリップボード間のカット・アンド・ペーストによるデータ転送
  • ユーザーセッションからのオーディオ(システムサウンドと.wavファイル)再生

ログオン中、ユーザーデバイスは、使用可能なユーザードライブとCOMポートをサーバーに通知します。Citrix XenApp 6.5では、ユーザードライブがサーバーにマップされ、ユーザーデバイスのドライブ文字が使用されます。マップされたクライアント側デバイスは、そのセッションを実行中のユーザーだけが使用できます。マッピングは、ユーザーがログオフし、ユーザーが次回ログオンしたときに再作成されるときに削除されます。

XML サービスを有効にしたあと、ユーザーデバイスマッピングのポリシーを設定する必要があります。

SmartAccess フィルターに基づいてユーザーデバイスマッピングポリシーを適用するには、サーバー上に次の 2 つのポリシーを作成します。

  • ユーザーデバイスマッピングを無効にし、すべてのCitrix Gateway ユーザーに適用される制限付きICAポリシー。
  • ユーザーデバイスマッピングを有効にし、エンドポイント分析セッションポリシーを満たすユーザーのみに適用される完全なICAポリシー 注:フィルタリングされた非制限ICAポリシーは、制限ICAポリシーよりも高い優先度を与える必要があります。これにより、ユーザーに適用されるときに、非制限ポリシーは、ユーザーデバイスマッピングを無効にするポリシーを上書きします。

Citrix XenApp 6.5で制限ポリシーと非制限ポリシーを構成するには、Citrix AppCenterを使用します。

Citrix Virtual Apps でのユーザーデバイスマッピングの構成