Citrix Virtual Apps ポリシーとフィルターの構成

Citrix Gateway でセッションポリシーを作成したら、エンドポイント分析の構成に従ってユーザーに適用されるCitrix Virtual Apps を実行しているコンピューターでポリシーとフィルターを構成します。

Citrix XenApp 6.5のポリシーとフィルターを構成するには

  1. Citrix Virtual Apps を実行しているサーバーで、[スタート]>[管理ツール]>[Citrix]>[Citrix Virtual Apps]の順にクリックします。プロンプトが表示されたら、検出を構成して実行します。
  2. 左側のペインで、[Citrix ADCリソース]>[Citrix Virtual Apps]>[ファーム名]の順に展開します。ファーム名はサーバーファームの名前です。
  3. [アプリケーション] をクリックします。
  4. 中央のウィンドウで、アプリケーションを右クリックし、[アプリケーションのプロパティ] をクリックします。
  5. ナビゲーションウィンドウの [プロパティ] で、[詳細設定] > [アクセス制御] をクリックします。
  6. 右側のウィンドウで、[次のフィルタのいずれかに一致する任意の接続] をクリックし、[追加] をクリックします。
  7. 「Access Gateway」ファームで、Citrix Gateway 仮想サーバーの名前を入力します。
  8. [Access Gateway filter] にエンドポイントセッションポリシーの名前を入力し、[OK] をクリックします。
  9. [アプリケーションのプロパティ] ダイアログボックスで、[他のすべての接続を許可する] をオフにし、[OK] をクリックします。

Citrix Virtual Apps ポリシーとフィルターの構成