隔離アクセス方法としてのCitrix Virtual Apps 有効化

Citrix Gateway でエンドポイント分析を構成している場合、エンドポイントスキャンに合格したユーザーは、Citrix Gatewayで設定したすべてのリソースにアクセスできます。エンドポイントスキャンに失敗したユーザーを検疫グループに入れることができます。これらのユーザーは、Citrix Virtual Apps からのみ公開アプリケーションにアクセスできます。エンドポイント分析スキャンの成功または失敗によって、ユーザーが利用できるアクセス方法が決まります。

たとえば、ユーザーがログオンしたときにメモ帳がユーザーデバイスで実行されているかどうかを確認するエンドポイント分析スキャンを作成します。メモ帳が実行されている場合、ユーザーはCitrix Gateway プラグインを使用してログオンできます。メモ帳が実行されていない場合、ユーザーは公開アプリケーションの一覧のみを受け取ります。

制限されたユーザーアクセスを構成するには、Citrix Gateway で隔離グループを作成します。セッションプロファイル内で隔離グループを作成し、そのプロファイルをセッションポリシーに追加します。

隔離アクセス方法としてのCitrix Virtual Apps 有効化