Citrix Virtual Desktops でポリシーとフィルターを構成するには 5

Citrix Virtual Desktops 5の設定は、Desktop Studioまたはグループポリシーエディターを使用して構成できます。Citrix Virtual Desktops でCitrix Gateway設定を構成する場合は、Citrix Gateway 仮想サーバー名とセッションポリシー名を使用します。次に、定義されたフィルタを満たす接続を許可するようにアクセス制御を設定します。SmartAccess ポリシーを使用することもできます。

  1. Citrix Virtual Desktops サーバーで、[スタート]>[すべてのプログラム]>[Citrix]>[Desktop Studio]の順にクリックします。

  2. 左側のペインで、[HDX Policy] をクリックして展開し、中央のペインの [User] タブをクリックします。

  3. [ユーザー] で、[新規作成] をクリックします。

  4. [新しいポリシー] ダイアログボックスの [ポリシーの識別] で、[名前] に名前を入力します。

  5. [次へ] を 2 回クリックします。

  6. [新しいポリシー] ダイアログボックスの [フィルター] タブで、[フィルター] の下の [アクセス制御] をクリックし、[追加] をクリックします。

  7. [新しいフィルタ] ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。

  8. [新しいフィルタ要素] ダイアログボックスの [接続の種類] で、[Access Gateway] を選択します。

    Citrix Gatewayポリシーを考慮せずに、Citrix Gateway 経由で行われた接続にポリシーを適用するには、AGファーム名とアクセス条件をデフォルトのままにします。

  9. 既存のCitrix Gatewayポリシーに基づいて、Citrix Gateway 経由の接続にポリシーを適用する場合は、次の操作を行います。

    1. [AG ファーム名] に、仮想サーバー名を入力します。
    2. [アクセス条件] に、エンドポイント分析ポリシーまたはセッションポリシーの名前を入力します。

    重要: Citrix Virtual Desktops では、Citrix Gateway 仮想サーバー、エンドポイント分析ポリシー、セッションポリシー名は検証されません。情報が正しいことを確認します。

  10. [OK] を 2 回クリックし、[次へ]、[作成] の順にクリックします。

Citrix Virtual Desktops でポリシーとフィルターを構成するには 5