Microsoft ADALトークン認証用のCitrix Gateway 仮想サーバーの構成

Microsoft ADALトークン認証を監視するようにCitrix Gateway 仮想サーバーを構成するには、次の情報が必要です。

  • certEndpoint: ADAL トークン検証用の Json Web キー (JWK) を含むエンドポイントの URL。
  • 対象ユーザー:アプリケーションがADALトークンを送信するCitrix ADC仮想サーバーのFQDNです。
  • 発行者:AAD 発行者の名前。デフォルトで入力されます。
  • テナント ID: Azure ADAL 登録のテナント ID。
  • ClientID: ADAL 登録の一環として Gateway アプリに付与される一意の ID です。
  • ClientSecret: ADAL 登録の一環として Gateway アプリに与えられるシークレットキー。
  1. OAuthアクションを作成します。

    add authentication OAuthAction <oauth_action_name> -OAuthType INTUNE –clientid <client_id> - clientsecret <client_secret> -audience <audience> -tenantid <tenantID> -issuer <issuer_name> - userNameField upn-certEndpoint <certEndpoint_name>

    例:

    add authentication OAuthAction tmp_action -OAuthType INTUNE -clientid id 1204 -clientsecret a -audience “ http://hello” -tenantid xxxx -issuer “ https://hello” -userNameField upn -certEndpoint https://login.microsoftonline.com/common/discovery/v2.0/keys

  2. 新しく作成された OAuth に関連付ける認証ポリシーを作成します。

    add authentication Policy <policy_name> -rule true -action <oauth intune action>

    例:

    add authentication Policy oauth_intune_pol -rule true -action tmp_action

  3. 新しく作成したOAuthをAuthVSにバインドします。

    bind authentication vserver <auth_vserver> -policy <oauth_intune_policy> -priority 2 -gotoPriorityExpression END

    例:

    bind authentication vserver auth_vs_for_gw1_intune -policy oauth_pol -priority 2 -gotoPriorityExpression END

  4. ログインスキーマを作成します。

    add authentication loginSchema <loginSchemaName> -authenticationSchema <authenticationSchema”location”>

    add authentication loginSchemaPolicy <loginSchemaPolicyName> -rule true -action <loginSchemaName>

    例:

    add authentication loginSchema oauth_loginschema -authenticationSchema “/nsconfig/loginschema/LoginSchema/OnlyOAuthToken.xml”

    add authentication loginSchemaPolicy oauth_loginschema_pol -rule true -action oauth_loginschema​

  5. ログインスキーマで認証VSをバインド:

    bind authentication vserver <auth_vs> -policy <oauth _pol> -priority 2 -gotoPriorityExpression END

    例:

    bind authentication vserver auth_vs_for_gw1_intune -policy oauth_loginschema_pol -priority 2 -gotoPriorityExpression END

  6. authnprofile を追加し、VPN 仮想サーバーに割り当てます。

    add authnprofile <nfactor_profile_name>-authnvsName <authvserver>

    set vpn vserver <vserverName>-authnprofile <nfactor_profile_name​>

    例:

    add authnprofile nfactor_prof_intune -authnvsName auth_vs_for_gw1_intune

    set vpn vserver gw1_intune-authnprofile nfactor_prof_intune

Microsoft ADALトークン認証用のCitrix Gateway 仮想サーバーの構成