Citrix GatewayとIntune MDMの統合について

一般的なCitrix GatewayとIntune MDMの統合におけるイベントのフローの例を次に示します。

  1. Intune にモバイルデバイスを登録します。
  2. 企業で承認されたアプリケーションとデバイスポリシーがデバイスにプッシュされます。
  3. デバイスから SharePoint (オンプレミスアプリケーション) を参照します。
  4. ブラウザーの要求は、Citrix Gateway されます。
  5. Citrix Gateway アプライアンスは、Intune にデバイスの登録ステータスをチェックします。
  6. 準拠したデバイスが正常に登録されると、SharePoint アクセスが許可されます。

ローカライズされた画像

デバイスによって条件付きアクセス (CA) ポリシーが満たされない場合、Citrix Gateway VPN クライアントは、Intune がホストするページへのリンクとともにエラーメッセージをユーザーに表示し、デバイスのコンプライアンス状態を登録または修復します。

注: 管理者は、ユーザーがデバイス上のさまざまな証明書を区別できるように、証明書を Intune にプッシュする際に次の点を確認する必要があります。

  • 証明書にはサブジェクトの概要が必要です。
  • 異なる証明書のサブジェクトの概要は、異なるものでなければなりません。

Citrix GatewayとIntune MDMの統合について