アウトバウンドICAプロキシのサポート

Citrix Gateway のアウトバウンドICAプロキシのサポートにより、ネットワーク管理者はReceiverとCitrix Gatewayが異なる組織に展開されている場合でも、SmartControl機能を利用できます。

次のシナリオは、アウトバウンドICAプロキシソリューションの使用を示しています。

ReceiverとCitrix Gateway を異なる組織に展開する場合は、ネットワーク管理者がICAセッション関連の機能を制御する必要があります。

アウトバウンドICAプロキシのサポートについて:

企業組織にSmartControl機能をもたらすために, 会社A, これは、Receiverを持っています, 私たちは、LANプロキシとして機能するCitrix ADCアプライアンスを追加する必要があります. Citrix ADC LANプロキシはSmartControlを強制し、B社のCitrix Gateway にトラフィックをプロキシします。この展開シナリオでは、ReceiverはCitrix ADC LANプロキシにトラフィックを転送します。これにより、A社のネットワーク管理者がSmartControlを強制することができます。展開を次の図に示します。

ローカライズされた画像

このシナリオでは、LANプロキシとCitrix Gateway 間のトラフィックはSSL経由です。

注: クライアント証明書ベースの認証は、Citrix Gateway で有効にしないでください。

アウトバウンドICAプロキシのサポート