アウトバウンドICAプロキシの構成

CLIを使用してアウトバウンドICAプロキシを構成するには、次の手順に従います。

  1. キャッシュリダイレクト Vserver を追加します。

    add cr vserver <name> <serviceType> <IPAddress> <port> -cacheType <cacheType>

    サービスは HDXである必要があります

    キャッシュタイプ はフォワードでなければなりません

    例:

    add cr vserver CR_LAN_Proxy HDX 10.217.208.197 8080 -cacheType FORWARD

  2. ICAスマートコントロールプロファイルを追加します。

    add ica accessprofile <name> -ConnectClientLPTPorts ( DEFAULT | DISABLED ) ClientAudioRedirection ( DEFAULT | DISABLED ) -LocalRemoteDataSharing ( DEFAULT | DISABLED ) -ClientClipboardRedirection ( DEFAULT | DISABLED ) -ClientCOMPortRedirection ( DEFAULT |DISABLED ) -ClientDriveRedirection ( DEFAULT | DISABLED ) -ClientPrinterRedirection ( DEFAULT |DISABLED ) -Multistream ( DEFAULT | DISABLED ) -ClientUSBDriveRedirection ( DEFAULT | DISABLED)

    例:

    add ica accessprofile disableCDM -ConnectClientLPTPorts DEFAULT -ClientAudioRedirection DEFAULT –LocalRemoteDataSharing DEFAULT -ClientClipboardRedirection DEFAULT -ClientCOMPortRedirection DEFAULT –ClientPrinterRedirection DEFAULT -Multistream DEFAULT -ClientUSBDriveRedirection DEFAULT
    
  3. ICAアクションを追加する:

    add ica action <name> -accessProfileName <string>

    例:

    add ica action disableCDM\_action -accessProfileName disableCDM
    
  4. ICAポリシーを追加します。

    add ica policy <name> -rule <expression> -action <string> -comment <string> -logAction <string>

  5. ICAポリシーを仮想サーバーまたはグローバルにバインドします。

    a. 仮想サーバーにバインド

    **bind cr vserver** \<name\> **-policyName** \<string\> **-priority** \<positive\_integer\>
    

    例:

    bind cr vserver CR\_LAN\_Proxy –policyname disableCDM\_pol –priority 10
    

    b. グローバルにバインド

    **bind ica global -policyName** \<string\> -**priority** \<positive\_integer\>
    

    例:

    bind ica global –policyName disableCDM\_pol –priority 10
    

[Secure ICAポート]の設定:この値は、LANプロキシがアウトバウンド接続を行うCitrix Gateway のポート番号です。デフォルトでは 443 に設定されています。ポートを変更するには、次のコマンドを使用します。

set ns param -secureicaPorts<port>

例:

set ns param -secureicaPorts 8443

アウトバウンドICAプロキシの構成