RDP プロキシを使用して RDP ファイル名をランダム化する

RDP URL をクリックすると、RDP ファイルがダウンロードされます。RDP URL を再度クリックすると、同じ名前の新しい RDP ファイルがダウンロードされ、新しいファイルが既存のファイルに置き換えられるポップアップが表示されます。これを避けるために、管理者は rdp ファイル名をランダム化することを選択できます。ファイル名は現在、フォーマット<rdpFileName>_<outputof time()>.rdpでtime ()関数の出力を追加することによってランダム化されています。これにより、アプライアンスはファイルをダウンロードするたびに一意の RDP ファイル名を生成します。

RDP プロキシによる RDP ファイル名のランダム化のサポートの構成

コマンドプロンプトでコマンドラインインターフェイスを使用して RDP プロキシで RDP ファイル名をランダム化するためのサポートを構成するには、次のように入力します

    add rdpclientprofile <profileName> -rdpfileName <filename> -   randomizeRDPFilename <YES/NO>

    add rdpclientprofile clientProfileName -rdpfileName testRDP -   randomizeRDPFilename YES

Citrix ADC GUIを使用してRDPプロキシを使用してRDPファイル名をランダム化するためのサポートを構成するには:

  1. Citrix Gateway >[ ポリシー ]>[ RDP ]に移動します。
  2. [ RDP プロファイルと接続 ] ページで、[ クライアント プロファイル] タブをクリックし、RDP ファイル名のランダム化機能を構成するクライアントプロファイルを選択します。
  3. [ RDP クライアントプロファイルの設定 ] ページで、[ ランダム化された RDP ファイル名 ] フィールドの横のドロップダウンで [ はい ] を選択します。

RDP プロキシを使用して RDP ファイル名をランダム化する