StoreFront 用Receiver for Webのセッションプロファイルの作成

ユーザーは、クライアントレスアクセスを使用してReceiver for Webに接続します。ユーザーが Web ブラウザーを使用して接続し、正常にログオンすると、公開アプリケーションにアクセスしたり、サブスクライブしたりできます。

クライアントレスアクセスを使用してStoreFront に接続する場合、Receiver for WebページからProvisioning ファイルをダウンロードする必要があります。ユーザーは、電子メールまたは USB フラッシュドライブで受け取ったProvisioning ファイルをインポートすることもできます。Provisioning ファイル内の設定は、ユーザが内部ネットワーク内またはリモートの場所からログオンするかどうかを検出します。リモートユーザーがReceiver for Webを使用してログオンすると、Citrix Gateway 経由で接続がルーティングされますが、ユーザーはCitrix Gatewayプラグインを使用して接続を確立できません。仮想サーバーを構成する場合は、基本モードを設定します。

Receiver for Webのセッションプロファイルを作成するには

  1. 構成ユーティリティーの構成タブのナビゲーションペインで、[Citrix Gateway]>[ポリシー]の順に展開し、[セッション]をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [プロファイル] タブで、[追加] をクリックします。
  3. [名前] に、プロファイルの名前を入力します。
  4. [クライアントエクスペリエンス] タブをクリックし、次の操作を行います。
    1. [クライアントレスアクセス] で、[グローバル上書き] をクリックし、[許可] を選択します。
    2. 「Webアプリケーションへのシングル・サインオン」で、「グローバルに上書き」をクリックし、チェックボックスをオンにします。
  5. [公開アプリケーション] タブで、次の操作を行います。
    1. ICAプロキシの横にある「グローバルオーバーライド」をクリックし、「ON」を選択します。

    2. 「Web Interfaceアドレス」の横にある「グローバル上書き」をクリックし、StoreFront のWebアドレス(URL)を入力します。

      注:StoreFront URLでは、大文字と小文字が区別されます(https://\< StoreFrontFQDN\>/Citrix/\< StoreWebName\>/など)。大文字と小文字が間違っている場合、ユーザーがログオンすると、次のエラーが表示されます。

      HTTP/1.1 Gatewayのタイムアウト

      指定されたサーバが見つからないかDNSエラーが発生しました。

    3. [シングルサインオンドメイン]にドメイン名を入力します。

      たとえば、「mydomain」と入力します。

  6. [作成] をクリックします。

StoreFront 用Receiver for Webのセッションプロファイルの作成